カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 健康診断・健康管理 >
  3. 献血 >
  4. 献血した血はその後きちんと使われているの?

健康診断・健康管理

献血した血はその後きちんと使われているの?

 

献血をした後には少し体が疲れたような感じがあっても、いいことをしたなという気分になる方も多いでしょう。

どこかで輸血を必要としている人が自分の血を使うかもしれない、と考えると献血にこれからも行こうと感じる方もいるはずです。

では、献血した血はその後どんなふうに使われているのかを見ていきます。

 

●献血した血は製剤になる

献血するときには全血と成分献血があり、それぞれで少しずつ中身は違うものの基本は製剤となります。

一例として血漿製剤、血液凝固因子製剤、アルブミン製剤、赤血球製剤などがあり、患者さんの状態に合わせて適切な製剤を用います。

事故などですべての血液成分が失われているときには全血製剤を用いて治療を行います。

 

●血液製剤には有効期間がある

血液製剤はいつまでも持つというわけではなく、有効期限があります。

主な製剤の有効期限を以下に記します。

・赤血球製剤…濃厚液なら採血後21日、洗浄赤血球-LRなら製造後(採血後ではない)24時間

・血小板製剤…採血後4日

・全血製剤…採血後21日

・合成血…製造後(採血後ではない)24時間以内

 

●期限内に使われなかった献血の血は?

期限内に献血の血が使われなかった場合には、研究に使われるケースがあります。

今後、血液に関して詳しく知っていくために献血の血が役立つことがあるのです。

その一方で研究に使われなかった献血の場合は廃棄物処分として、適切な方法で処分されています。

 

献血の血は期限の長い製剤でも21日程度しか持ちません。そのため、献血で提供された血のすべてが治療に使われることはないようです。

ただし、治療に使われなくとも研究に使われるケースはあります。

また、いつ何時輸血が必要になるかは誰にも予測できないので献血自体は意味深い存在です。

 

(Photo by: [//www.ashinari.com/2008/11/16-010315.php])

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-07-27掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

献血に関する記事

あかぎれがあると献血が断られる?その理由とは

  まずはじめに、1日にどれほどの方が輸血を受けているかをご存知でしょうか...

エイズ検査は献血ではなく保健所で!献血をしてもエイズ検査結果は教えてくれません!

  HIVは非常に感染力の高いウイルスです。性行為や注射器の共有、ウイルスに感...


献血の際のエイズ検査で陽性だった場合、通知される?

  日本では毎日300人もの人が輸血を受けることで、その一命を取り留めてい...

献血のエイズ検査って?結果は教えてもらえるの?

  献血をすることは人の役に立てることです。輸血を必要としている人はたくさんい...

カラダノートひろば

献血の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る