カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノートTOP >
  2. 育児 >
  3. 病気と症状 >
  4. 骨・筋肉・関節 >
  5. 子どものリンパ節のはれ…。病気と関係はあるの??

育児

子どものリンパ節のはれ…。病気と関係はあるの??

私の息子がひどい乳児湿疹にかかっていたころ、両耳のうしろに、ぷっくりとしたふくらみがありました。

 

なにかの病気かと気になって、健診のときに医師に聞いてみると、「リンパ節のはれだね。心配ないよ。顔のきずを治すために、リンパ節がはたらいているんだよ」と教えられました。

 

リンパ節とは、リンパ液を浄化する器官のことです。さらに、リンパ液とは、けがをしたとき、出血する前に皮膚の下からじわっとしみ出てくる、透明の粘っこい液体です。

 

リンパ液は血液同様、人間の体のあちこちを循環しています。リンパ液にウィルスや細菌が入り込むと、リンパ節のはたらきが活発になり、リンパ節がはれるというわけです。

 

リンパ節でわかる、子どもの病気

前述の通り、頭部に外的な異常があれば耳の後ろや首のリンパ節が腫れます。

同様に、腿の付け根のリンパ節が腫れている場合は、下半身に何かしらの感染がおきていることが考えられます。

 

その他、リンパ節の腫れからさまざまな病状が予測されます。

 

・首のリンパ節が腫れている

→顔や頭部に傷など、もしくは鼻やのどに感染の可能性。

 

・耳の後ろや首のリンパ節がひどく腫れているのに、他のリンパ節に異常がない

→風疹の可能性。

 

・わきの下のリンパ節が腫れている

→BCG接種をした。

 

・全身のリンパ節が腫れている

→白血病や悪性リンパ腫などの疑い。早めの受診を。

 

リンパ節の腫れは、局所的なものであればそれほど心配はありません。

子どもの主治医はお母さん!

 

日頃から子供とのスキンシップのなかで、リンパ節の変化にも、ちょっとだけ気を配ってみましょう。 

(Photo by http://www.ashinari.com/)

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-08-03掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

骨・筋肉・関節に関する記事

子どものころの骨折が多くの原因!?内反肘と診断されたら…治療法について

子どもの手のひらを上に向けてひじを伸ばしたとき、子どものひじよりも手のひらが...

子どもが骨端線損傷になると骨の成長が害されてしまう!?重要なのは「閉鎖」と「変形」

成長しきる前の骨の損傷というのは、しばしばその後の骨の成長に支障が出ることが...

病気と症状の体験談

脂漏性湿疹のケア~保湿が大切、私が使った保湿剤

1ヶ月過ぎたあたりから、赤ちゃんのおでこや眉毛部分に黄色いかさぶたが付着するようになりました。 ...

RSウイルスで入院

入院中(>_<)生後すぐ、まさかの入院出産し、晴れて母子共に退院してから数日後…生後10日くらいで、...

カラダノートひろば

骨・筋肉・関節の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る