カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. 皮膚 >
  4. やけど(熱傷) >
  5. 日常にも潜む危険性!化学熱傷のコワさを知っていますか?

気になる病気・症状

日常にも潜む危険性!化学熱傷のコワさを知っていますか?

 

火傷、というと一般的には火が原因で起きるものを思い浮かべる方がほとんどだと思います。もしくは火が元となって作られた熱湯や食べ物などで火傷をするケースもあります。

 

これらのケースとは一線を画すタイプの火傷が、化学熱傷と呼ばれる皮膚障害です。

 

●化学熱傷は傷が深い

化学熱傷のもっとも恐ろしいところは、ほかの火傷に比べて自然治癒の可能性が低く、痕が残る場合も多い、傷が深くなりやすいということです。

 

火傷と同じように水疱が出来たり、びらんが出来たりと言ったのが化学熱傷の主な症状ですが、傷が深い分治療が難しいのが現状です。場合によっては皮膚移植などを必要とすることもあります。

 

●日常でも起きる化学熱傷

化学という言葉がついていることから、研究者など一部の職業の人に起きやすいと考えられがちな化学熱傷ですが、実は日常でも化学熱傷を引き起こす物質はあります。

 

例えば掃除などに使うアルカリ液、消毒薬、トイレ用洗剤、漂白剤には化学熱傷の原因となる物質が入っているので、取り扱いには十分注意しなければなりません。

 

●もしも化学熱傷を引き起こしたら

ほかの火傷の場合は熱を持っているので冷やすのが最優先となりますが、化学熱傷の場合はそれ自体は熱を持っていないケースがほとんどです。ですので、問題となった化学物質をいかに早く取り除くかが、化学熱傷をひどくしないポイントです。

 

トイレ用洗剤や漂白剤などに皮膚が触れてしまった、服が触れてしまった場合にはまず服を脱ぎます。一見服だけについているように見えて皮膚に付着している可能性もあるので、触れたと思しき場所はすべて流水で20-30分以上洗い続けます。その後、様子を見て病院などに行くことも検討してください。

 

トイレ用の洗剤や漂白剤などでも起こり得る化学熱傷は皮膚障害のひとつで、もしも化学熱傷になったらすぐに洗い流すしか方法はありません。

 

危険な物質を含む洗浄剤の取り扱いの際には、素肌が露出しないような恰好で行うなどの注意も効果的です。

(Photo by: [//pixabay.com/])

著者: あさこすさん

本記事は、2016-08-02掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

やけど(熱傷)に関する記事

湿潤療法による怪我の治療

傷ややけどの「湿潤療法」というのがずいぶんと広まっているようです。文字通り、...

熱い!やけどをしたらすぐ冷やす!慌てないために覚えておこう!

事故や火事、あるいは日常生活のふとした拍子に火傷をすることは多々あります。一番...


やけどの痕を目立たなくする様々なケア方法!

 やけどをしてしまって、まず気になるのは「痕にならないかどうか」だと思います。...

部位によって違う?やけどをした際の冷やし方とは

            やけどをしてしまった際に、まずしなければならない大切なこ...

カラダノートひろば

やけど(熱傷)の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る