カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノートTOP >
  2. 妊娠・出産 >
  3. 産後 >
  4. 産後うつ >
  5. 産後に起こるうつを知っていますか?本当にコワい産後トラブル

妊娠・出産

産後に起こるうつを知っていますか?本当にコワい産後トラブル

一般に、男性よりも女性のほうがうつになりやすいといわれます。

出産や更年期にうつ病が見られることから、エストロゲン(女性ホルモン)が関係しているのではないかといわれます。

 

女性ホルモンとの関係性

たとえば、出産をすると急激にホルモンのバランスが崩れたり、閉経によって更年期障害などが起こったりします。

 

こうした時期に女性がうつ病になりやすいところからホルモンが影響しているのではないかと推測されるのです。 

 

産後うつとは

お産をしたあと、数週間たってうつ病になる人がいます。これを産褥期(さんじょくき)うつ病(産後うつ病)といいます。

 

これは出産後1~2週間から数か月の間に発症することが多いといわれます。

症状としては、抑うつ気分、不眠、不安、いらいら、意欲の低下、思考力や集中力の低下、自責の念を抱く、死を考える、など典型的なうつ病の症状とほとんど変わりません。

加えて、今後の子育てに関する不安が非常に強くなり、また自分を責める傾向も強くなります。

 

逆に、自分の子どもに無関心になるケースもときには見られます。

このほかに見られる症状としては、幻覚や妄想が起こったり、精神錯乱状態になることもあります。

 

この産褥期うつ病とよく似た症状を示すものに「マタニティーブルー」といわれるタイプがあります。

 

産褥期うつ病で最も注意するべきなのは、やはり自殺です。

今後の子育てに不安を感じて、赤ちゃんを道連れにしてしまうケースもありますので、十分に気をつけなければいけません。

 

現状では、産後うつについて産婦人科の医の多くが精通していないため、見過ごされてしまう場合もあります。

 

(photo by 写真AC )

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-07-30掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

産後うつに関する記事

妻が産後うつになったら…どうすれば良い?産後鬱の原因・症状・予防法

産後うつは、母親なら誰でもなる可能性がある病気です。 まずは原因と症状を理...

マタニティーブルーだけじゃない?出産後に潜む発症頻度の高い精神障害とは

女性は妊娠、出産を得て「女性」から「母親」となります。しかし、出産後に潜んでい...

産後の体験談

離乳食開始!椅子はどれを選ぶ?

生後5ヶ月から始まった息子の離乳食。 離乳食を始めるにあたり、必要になるのが椅子です。 ハイ...

バギー選びのアレコレ

お座りが出来るようになった7ヶ月頃、バギーを購入しました。 それを3歳頃まで使う気満々で…シンプル...

カラダノートひろば

産後うつの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る