カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. 内分泌 >
  4. アジソン病 >
  5. 難病にも指定されるアジソン病(慢性副腎皮質機能低下症)…治療方法は?

気になる病気・症状

難病にも指定されるアジソン病(慢性副腎皮質機能低下症)…治療方法は?

 

アジソン病という病気は、慢性副腎皮質機能低下症という別名も持っています。

副腎皮質機能が低下すると何が困るかというと、倦怠感や脱力感に悩まされたり、低血糖になることがあります。

甲状腺機能の低下と同じように精神的な症状が現れることも珍しくはありません。

 

●アジソン病の治療はステロイド投与

ステロイドの投与というと皮膚科のイメージが強いかもしれませんが、実はアジソン病の元となっている副腎皮質ホルモンは体内で自然に生産されているステロイドです。

そのため、ステロイドを投与することによって治療とします。

ステロイドの量はどれくらい副腎皮質機能が失われているかによって異なりますが、体にストレスがかかっているときはステロイド量を普段より増やすケースが多いです。

 

●急性副腎不全には要注意

アジソン病と付き合っていく中でもっとも注意が必要なのは急性副腎不全という症状が起きてしまうことです。

急性副腎不全とは簡単に言えば副腎皮質ホルモンが一気に足りなくなってしまう症状で、場合によっては死亡することもある恐ろしい病気です。

アジソン病患者の場合にはストレスを受けた時(特に大きなストレス)に急性副腎不全の可能性が高まります。

また、治療で使っている副腎皮質ホルモンの投与を勝手にやめたりしても急性副腎不全のリスクは上がります。

 

●ステロイドホルモン補充と水分補給

もしも急性副腎不全が起きてしまった場合には、病院で速やかにミネラルコルチコイドなどのステロイドホルモンを体に補充します。

それに加えて、急性副腎不全の治療の際には水分・糖分・塩分の補給も欠かせないポイントとなっています。

 

アジソン病は体の中にある副腎皮質の機能が低下する難病で、軽度なら倦怠感などが主な症状、重度だったり急激なストレスにさらされると命に係わる急性副腎不全を引き起こすこともあります。

普段の治療ではステロイド投与で体に足りないホルモンを補い、急性副腎不全の場合は足りないホルモンの他に水分や糖分も体に補液として入れます。

 

(Photo by: [//www.ashinari.com/2008/09/30-008906.php])

著者: あさこすさん

本記事は、2016-07-28掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

アジソン病に関する記事

アジソン病に気付いたらどうすればいいの?

       関連する記事 ...

アジソン病かもしれない…気付いた場合、どうするべき?!アジソン病だと解った場合には

  なんだか最近疲労感を感じる・・・爪に黒い線のようなものがある・・・、そ...


ケネディ大統領も罹っていた*アジソン病は色素沈着が特徴的

  副腎皮質の後天的な機能障害によってホルモンを作れなくなる「アジソン病」では...

副腎皮質の機能が低下するアジソン病の治療薬

副腎皮質の機能が低下するアジソン病では、体内で作られる副腎皮質ホルモンと同じ...

カラダノートひろば

アジソン病の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る