カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. 内分泌 >
  4. 遺伝しやすいのは女の子!?橋本病は遺伝する?!確率はどのくらいなの?

気になる病気・症状

遺伝しやすいのは女の子!?橋本病は遺伝する?!確率はどのくらいなの?

 

橋本病とは慢性甲状腺炎のことで、甲状腺ホルモン不足とも深いかかわりのある病気です。

 

甲状腺機能低下症の中でも橋本病の占める割合はけして低くはなく、だるさや落ち込みなどは橋本病の症状の一つです。

 

そんな橋本病ですが、もしもわが子に橋本病が遺伝してしまったらどうしようと考える方もいるかもしれません。

 

●橋本病に遺伝の可能性はある

現代の医学的な見地から言うと橋本病には遺伝の可能性があると考えるのが一般的です。

 

ただ、はっきりとした数値についてはいまだわからず、研究途上の段階と言えます。

 

一例として、甲状腺機能低下ではなく甲状腺機能亢進の方の病気であるバセドウ病は双子よりも親子の方が確率が低いことがわかっています。

 

全く同じ遺伝子配列を持っている一卵性の双子であっても2人ともバセドウ病になる確率は35%です。

 

橋本病の方も親子間の遺伝は十分考えられますが、双子ほどは高くないのではと予測されます。

 

●遺伝しやすいのは女の子

橋本病にしてもバセドウ病にしても男の子よりも女の子に遺伝しやすいと言われています。

 

実際の遺伝要因はともかくとして、発病しやすいのが女の子という説もあるので、甲状腺機能の病気を持っていて子供が女の子の場合には特に注意して見てあげましょう。

 

●甲状腺機能の腫れをチェック

橋本病では本格的な発病前に甲状腺機能が腫れてくるケースが多いので、喉元をたまに見てあげるとよいでしょう。

 

親族に数人甲状腺機能低下・亢進系の病気の患者がいる場合は、適宜健康診断を受けて甲状腺機能に異常がないかをチェックするのも有効です。

 

 

 

橋本病は遺伝の可能性がある病気で、正確な数字は分かっていませんが男の子よりも女の子の方が遺伝しやすい・発病しやすいと考えられています。

 

早期発見すれば症状がひどくならないうちに治療も可能ですので、甲状腺周辺に注意したり、適切な健康診断を受ける・受けさせるのがよいです。

 

経過観察中の橋本病で体がつらいときどうすればいい?その対処法とは

ホルモンの過剰分泌や過少分泌の病気では、『経過観察』という治療方法が採用されることも珍しくはありません。薬を飲んで落ち着いている状態や、それほど症状が進行していない場合には経過観察しながら様子を見ます。ただし、そんな経過観察中であっても具合が悪いときは当然あります。

 

橋本病の経過観察中に体がつらいとき、どんなふうに対処したらよいかを見ていきます。

 

●こんな時こそ医師を見直すチャンス

橋本病の経過観察中で、数値は正常だけど体はつらいというときこそ、医師の治療方針と合うかどうかがわかります。

 

まずはつらい症状の頻度やつらさ(自覚的なもので構いません)をまとめて、医師に『数値は正常だが治療をしたい』と告げてみてください。その結果として服薬で少しでも体を楽にできる可能性もあります。

薬を処方してくれなかったとしても他の方法を勧めてくれたり、広い立場で物事を見てくれる医師選びが大切です。

 

今までの医師と合わないと感じる場合は医師を変えて、経過観察中の具合の悪さに対処するのも一つの方法です。

 

●寝ていることは悪くない!

甲状腺機能低下症、橋本病の場合は症状としてだるさや疲れが挙げられ、体が思うように動かない方もたくさんいます。ホルモンの数値は正常値だとしてもです。そんなとき、注意したいのは自分の心を追いつめてしまうことです。

 

だらだらして申し訳ない、寝てばかりでダメだと思う必要はまったくありません。怠けているわけでもなければさぼっているわけでもなく、ただ病気がそうさせているだけですので、気にせず眠れるだけ眠ってください。

 

橋本病の経過観察中に具合が悪いときは、まず医師に症状を伝えて治療を行ってもらうよう提案するのが良いです。薬での治療ではなかったとしても、東洋医学による治療など幅広い選択肢を提案できる医師がベストです。

 

また、この期間に精神的に自分を追い詰めないようにも注意してください。だるいときには無理に動かず、横になっていることも大切なことです。

 

 

橋本病を見つける手がかり

橋本病は、初期はほとんど症状がありませんが、首の腫れだけは認められます。首の腫れは甲状腺が腫れていることを示しますので、病気を見つける手がかりとなるでしょう。

 

■腫れの特徴

首の腫れの位置としては、鎖骨の上、喉仏の下辺りです。大きさは大小さまざまであり、痛みはありません。

 

バセドウ病の首の腫れはやわらかく表面がなめらかですが、橋本病の場合の腫れは表面がゴツゴツして硬くなり、時にはしこり状になります。

 

急に腫れが大きくなり痛む場合、橋本病の急性増悪が考えられるので、早めに医師を受診しましょう。

 

■代謝が悪くなる

橋本病では、甲状腺がじわじわと破壊されホルモンが作られなくなります。それに伴って、多様な症状が出てくるようになります。

 

甲状腺ホルモンが不足すると、体中の様々な物質を代謝する力が弱まるため、むくんだり太ってきたりします。

 

■体温や皮膚、毛髪にも

代謝力が落ちると、体温が低くなって寒がりになったりします。汗をかかないため、皮膚は潤い(水分)やツヤをなくし、カサカサになって白く粉をふいたようになることもあります。

 

また、頭髪がバサバサになって抜けたり、眉が薄くなってきたりします。

 

■心臓や腸への影響

心臓の働きが弱まり、脈拍が少なくなります。。また、甲状腺ホルモンには腸の蠕動運動を促す働きがあるので、これが不足すると腸の働きが弱まり、便秘になります。

 

■脳の動きも衰える

甲状腺ホルモンは、脳の細胞が働くように作用します。そのため、ホルモンが不足すると精神・神経面の動きも鈍くなります。もの忘れが激しくなったり、意欲の低下が見られたり、眠たがりになったりします。

 

以上のように、橋本病は体だけでなく精神面にも影響し、症状は多様です。気になる症状があれば、病院で見てもらうことをお勧めします。

 

橋本病を発症した場合、ダイエットはNG?

橋本病を発症すると、新陳代謝が下がってしまうことから、体重が急増することが多いです。女性なら特に、そんな体重の増加を気にしてダイエットを考える方も多いかと思います。ダイエットのために運動を考えた際に「どの程度までなら良いのだろう。運動制限などは医師から言われなかったし」と運動量に関しての疑問が浮かんでくることでしょう。

 

そこでこちらでは橋本病を発症した際に、運動に関して注意すべき点について簡単にご紹介したいと思います。気になる方は是非参考にしていただければと思います。

 

◆どんな運動なら大丈夫なの?

そもそも、橋本病という疾患はストレスの影響を強く受けるものです。なので、運動によってストレスが解消されるなら、全然構わないという考え方の医師は多いはずです。また、運動をすることで成長ホルモンの分泌が促進されるなど、運動をすることによってもたらされる良いことはたくさんあります。

 

しかし、注意すべきなのが病気の症状が強くでている時の運動です。治療を開始して間もない頃は、自分の体に合ったホルモン剤の量がまだわかっていないということもあり、橋本病の症状がまだまだ治まっていないという状態にあるかと思います。そんなときには、無理に運動をせず安静にしておくべきです。また、急に激しい運動を始めるなんてことは絶対にしないで下さい。橋本病は気力・体力が通常よりも低下してしまう病気ですから、決して無理をしないで下さい。

 

橋本病の治療にも慣れ、ホルモン剤による状態も安定してきたら、徐々に体を動かしてみると良いでしょう。散歩など、体に過度の負担がかからないものをお勧めします。あくまでも、気軽にできる運動のみにとどめ、無理のある運動はしてはいけませんのでご注意下さい。

 

(Photo by: [http://pixabay.com/static/uploads/photo/2013/07/18/20/24/baby-164897_640.jpg?i])

著者: カラダノート編集部

本記事は、2017-03-27掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

内分泌に関する記事

妊娠中の潜在性甲状腺機能低下症に気をつけよう!発症因子!低体温症が原因で..

潜在性甲状腺機能低下症という病気をご存知でしょうか? この病気は、慢性的に...

多飲多尿に要注意!尿崩症。低カリウム血症と低カルシウム血症で腎性尿崩症に?!治療法が無い?先天性腎性尿崩症

健康のために水分を沢山飲むのは、非常に大切です。みなさん、1日にどのくらいの...


妊娠しにくいのは甲状腺が原因?!不妊症との関係について。どんな治療を行うの?

自己抗体によって甲状腺の組織が破壊されていく「甲状腺機能低下症」。代謝やたん...

カラダノートひろば

内分泌の関連カテゴリ

内分泌の記事ランキング

人気体験談ランキング

気になる病気・症状のひろば閲覧ランキング

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る