カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. 内分泌 >
  4. 褐色細胞腫 >
  5. 褐色細胞腫のうち悪性褐色細胞腫は全体の1割!悪性褐色細胞腫の予後は?

気になる病気・症状

褐色細胞腫のうち悪性褐色細胞腫は全体の1割!悪性褐色細胞腫の予後は?

褐色細胞腫というのは副腎髄質などから出来る細胞腫のひとつで、カテコールアミンという物質を過剰分泌するのが問題です。カテコールアミンは心拍数を増加したり、血圧を上昇させたりといろいろな場所で働いています。

 

もちろん分泌量が正常であればカテコールアミン自体は体に必要なものですが、褐色細胞腫で分泌量が異常になるとひどい動悸や高血圧、糖尿病などを引き起こします。

 

●悪性褐色細胞腫は全体の10%!

すべての褐色細胞腫のうち悪性褐色細胞腫は全体の1割、つまり10%と言われています。9割は良性褐色細胞腫ですので転移の心配もなく、カテコールアミンの過剰分泌や細胞腫そのものによるほかの組織の圧迫に注意すればOKです。

 

一方で悪性褐色細胞腫の場合は悪性、つまり癌ということになりますので転移の可能性は当然あります。

 

ちなみに褐色細胞腫においては悪性と良性の判断がやや難しく、ものによっては実際の細胞腫を検査しても、悪性か良性かわからないというケースもあります。そのような場合には再発、転移などを元にして良性と悪性の判断を行います。

 

●悪性褐色細胞腫の予後は?

悪性褐色細胞腫の予後は平均5年で再発・遠隔転移などを生じることからよいとは言えません。

 

名古屋大学医学部付属病院で褐色細胞腫の手術152件について調査したところ、5年生存率は92%、10年生存率は87%、20年生存率は81%という結果が出ました。

 

これはほかの病気で死亡したものも含む生存率で、良性悪性を問わないので悪性褐色細胞腫だけを見てみると、もっと生存率は下がるのではないかと考えられます。

 

褐色細胞腫の9割は良性ですが、残りの1割はガンである悪性褐色細胞腫です。悪性褐色細胞腫は残念ながら2014年の時点では有効な治療法がなく、悪性か良性かの判断も難しいのが現状です。

(Photo by: [//www.ashinari.com/])

著者: あさこすさん

本記事は、2016-08-01掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

褐色細胞腫に関する記事

こんな症状から褐色細胞腫が疑われる!褐色細胞腫の検査方法はどんなもの?

  副腎の腫瘍である褐色細胞腫はカテコールアミンというホルモンの過剰分泌によっ...

アドレナリンが出過ぎてしまう、褐色細胞腫!

    褐色細胞腫とは副腎髄質や傍神経節などのクロム親和性細胞から発生する腫...


代謝が上がるのは良いことばかりではない!褐色細胞腫

  ダイエットをする女性が増えている中、代謝を上げることが注目されています...

褐色細胞腫の発症率と生存率ってどのくらい?

                 ◆はじめに~褐色細胞腫とは~ 副腎髄質あ...

カラダノートひろば

褐色細胞腫の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る