カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノートTOP >
  2. 健康診断・健康管理 >
  3. 検査項目 >
  4. 電解質を調べると何がわかるの?

健康診断・健康管理

電解質を調べると何がわかるの?

               

 

人間の体のうち、約60%が水分で構成されています。その水分とは何かといいますと、細胞内液や血漿などの体液になります。人間の体の大部分を占める体液は大きく

・電解質…水に溶けることで電気を通すことが可能になるミネラルイオン(ナトリウムイオンやカリウムイオンなど)

・非電解質…水には溶けるものの電気は通さないという非電解質(ブドウ糖など)

に分けられます。電解質の検査では、電解質・非電解質のうちの電解質を対象として行われます。

 

 

◆電解質の働きとは

そのように検査の対象となる電解質の働きとは、一体何なのでしょうか?電解質はお互いにバランスを保ちながら、人間の生命維持には欠かすことの出来ない重要な働きをします。たとえば、

・ナトリウム…体の水分を調節する働き

・カリウム…筋肉や神経に大きく関わる働きを担っている

など、それぞれで異なる働きがあります。これらの働きは、バランスが保たれていて初めて効果を発揮するものです。そのバランスが崩れる生命維持に支障をきたしてしまいます。

 

 

◆電解質を調べると何がわかるの?

このように、体の重要な役割を果たしている電解質ですが、それらを調べることでいったい何が明らかになるのでしょうか?体液に含まれるイオン濃度を調べることで、バランスの崩れや、それによって生じている障害の診断が可能となります。

 

イオンには陽イオンと陰イオンが存在します。この2つのイオンがバランスを保ちながら体液中に存在することで、血液の浸透圧が一定に保たれています。しかし、病気になるとこのイオンバランスが崩壊してしまい、体内が酸性(アシドーシス)あるいはアルカリ性(アルカローシス)になってしまうといった症状が現れます。

 

 

また、体内の水分量は腎臓によって調節されていることから、腎臓に何らかの障害が疑われる時にも、電解質を調べる検査が行われます。

 

 

(イラスト by: [http://www.irasutoya.com/2013/03/blog-post_7472.html])

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-07-30掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

検査項目に関する記事

ALP値が急上昇!子どもに多い病気、一過性高ALP血症って何?この検査でわかること

胆道の病気、そして肝臓の病気などを知る際の指標のひとつがアルカリホスファター...

眼底検査とは?正常値は?眼底検査終了後の注意点

眼底検査をするときには瞳孔を大きくするための散瞳薬という目薬を使います。この...


体脂肪は低すぎてもダメ!体脂肪が低い場合のデメリット

 ダイエットを目指す人にとって、体脂肪率はダイエットの効果を確認する上で、一...

リウマチでも、リウマチでなくても知っておきたいRF値とは?リウマチ検査の注意点!

年齢が高くなってきたからリウマチの検査をという人もいると思います。血液検査を...

カラダノートひろば

検査項目の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る