カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 妊娠・出産 >
  3. パパの準備 >
  4. 産婦人科・産院 >
  5. 初めての産婦人科選び!総合病院、助産院、産科専門の病院…どこが良い?

妊娠・出産

初めての産婦人科選び!総合病院、助産院、産科専門の病院…どこが良い?

女性にとって命を懸けた人生の一大イベントである出産。サポートしてくれる産院は慎重に選びたいものです。もちろん旦那さんやほかの家族にとっても、生まれてくる新しい命を見守ってくれる施設として信頼できる産院を選びたいと思うことでしょう。

 

しかし、初めての出産の場合そもそも何をもって産院を選べばよいのか、どんな種類があるのかさえはっきりしないと思います。今回はそんな産院の基礎知識についてご紹介します。 

 

産院は大きく分けて3種類

【総合病院】

産婦人科以外にもたくさんの診療科がそろっている大規模な病院です。大学医学部付属の病院もこれに相当します。ベッド数が100床以上あり、医師が多く設備が整っていることが特徴です。

 

長所としては、あらゆる万が一の事態に対応できるという点です。小児科や内科が併設されているため、分娩時のトラブルや赤ちゃんの健康的問題が発覚した際にも心強いです。

 

しかし、医師が多いことで毎回同じ先生に診てもらうことが難しかったり、待ち時間が比較的長かったりという可能性もあるようです。大学病院の場合は研究生が立ち会う場面も多くあったりするようです。

 

【産科・産婦人科専門の病院や医院】

まず、病院と医院の違いはというと、病院がベッド20床以上、医院が20床未満の医療機関ということです。

 

この場合診察科目を産科と婦人科に限定している点が特徴となります。設備や医師の人数は規模により様々のため、一度見学させてもらうと良いでしょう。

 

長所としては、総合病院と比較して医師の人数が少ないことがほとんどのため、出産まで一貫して同じ先生に診てもらうことが可能でしょう。また、施設が小さめのことが多いためアットホームで相談しやすい環境があると言えます。しかし、合併症等の万が一のケースの場合は総合病院への転院の可能性もあります。

 

【助産院】

助産師の資格を持つ人が10床未満のベッド数で入院・分娩の施設をもって開業しているのが助産院です。医師がいないため、医療的行為は行わないことが特徴です。

 

長所としては、家庭的な雰囲気の中で精神的なフォローを受けながら出産に望めることです。最近の自然分娩ブームの中でその大切さが見直されてきています。しかし、前述のとおり医療行為が行えないため、リスクのない出産であることが入院の条件となります。

(Photo by:写真AC)

著者: munpuriさん

本記事は、2016-07-29掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

産婦人科・産院に関する記事

知らなくて当たり前?プレパパも知っておこう、産婦人科の基礎知識 産婦人科では何を診るの?

産婦人科と聞くとほとんど男性は自分には関係のないところだと答えるでしょう。たと...

手産後の入院期間…奥さんが動けない間に旦那さんがするべきことリスト

自宅での分娩などでない限り、出産に際してはしばらくの入院が必要になります。 ...

産婦人科・産院の体験談

パパママ教室(育児編)④

前回同様お話が前後するかもしれませんが、ここではパパママ教室(育児編)のお話をしたいと思います。...

パパママ教室(育児編)③

前回同様お話が前後するかもしれませんが、ここではパパママ教室(育児編)のお話をしたいと思います。...

カラダノートひろば

産婦人科・産院の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る