カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノートTOP >
  2. 妊娠・出産 >
  3. 産婦人科・産院 >
  4. 選び方・ポイント >
  5. フリースタイル分娩や水中分娩、無痛分娩…バースプランを考えておこう!

妊娠・出産

フリースタイル分娩や水中分娩、無痛分娩…バースプランを考えておこう!

「バースプラン」とは、その名の通り「お産の計画や要望」のことです。お産が近づいてくると、バースプランを立てるため、産院で助産師さんと話し合う機会を設けている産院も。一生に、数回あるかないかの貴重な体験となる出産。

どのようにバースプランを立てればよいのでしょうか。

  

バースプランで考えること

出産が近づいてくると、バースプランを立てます。このバースプランは、妊婦自身がしたいお産を自身で計画します。そしてそのバースプランを産院側に伝えることで、産院側がその計画に沿ったお産のサポートをしてくれるのです。

 

産院によってできるできないはありますが、バースプランで考える必要性があるものは「陣痛時の要望」「分娩時の要望」「産後の入院時の要望」3つになります。

 

他にも、産院独自の項目があるかもしれませんが、多くは上記の3つ項目について考えておくことで、バースプランを産院に伝えやすくなります。それぞれ、どのようなことを考えるといいのか、記入するポイントをまとめました。

 

陣痛時の要望

陣痛が等間隔になり、間隔が短くなってくるといよいよ産院に入院し、子宮口が開ききるまで妊婦は陣痛と戦わなければなりません。そんなとき、どのようなことを事前に伝えておくといいのでしょうか。

 

ポイント1.陣痛促進剤の使用について

陣痛が長引いたときなどに、陣痛促進剤を使用するケースがあります。できれば使いたくない、という方は事前に伝えておきましょう。しかし、使わなければ母子ともに危険な状態に陥る場合は、希望の有無にかかわらず、使用する場合もあります。

 

ポイント2.陣痛中の環境について

「音楽を聴きたい」「テレビがみたい」「自分のクッションを持ち込んで楽な姿勢でいたい」「部屋の明かりは暗くしてほしい」などといった陣痛中に、少しでも自分がリラックスできるような環境を考えておきましょう。産院によってはアロマを焚いてもOKな場合も。

 

ポイント3.陣痛中の家族への対応について

「陣痛室には夫だけいてほしい」「家族には近くにいてもらいたい」「義両親は入室を控えてほしい」など、陣痛中の家族への対応も伝えておきましょう。陣痛で苦しむのは妊婦自身ですから、できるだけ自身がリラックスできるようにお願いするのは当然のことです。

また「夫にサポート方法を指導してほしい」など、家族がより妊婦のサポートができるように働きかけてもらえるよう、お願いするのもいいかもしれません。

 

ポイント4.スタッフの対応について

「できるだけ声をかけてほしい」「体にふれる前に声をかけてほしい」「励ましてほしい」「内診は最低限にしてほしい」など、スタッフからの対応についても要望があれば伝えるようにしましょう。

 

分娩時の要望

陣痛室から分娩室へ移ると、お産はクライマックスに。分娩室に入る頃には、冷静にものを伝えることは困難な状態かもしれません。そのため、バースプランでしっかりと希望を伝えるようにしましょう。

 

ポイント1.分娩時の姿勢について

出産の際の姿勢はいくつか種類があります。通常の分娩台で出産する「普通分娩」、座ったような姿勢で出産する「座位分娩」、好きな姿勢を選んで出産する「フリースタイル分娩」、水の中で出産する「水中分娩」等さまざまです。産院によってできるできないがありますので、この点は産院選びの時点で、ある程度は決めておいた方がいいかもしれません。

 

ポイント2.無痛分娩について

麻酔を使う「無痛分娩」や「和痛分娩」という選択肢もあります。これは麻酔を使用することで、陣痛の痛みを軽減させることができ、母体の疲労感を減らすというもの。麻酔を使用するため、分娩費も5~10万ほど通常より高くなるケースが多いようです。これもできる産院が限られますので、事前に確認しておきましょう。

 

ポイント3.分娩時の呼吸法について

お産を和らげる呼吸法として、代表的なものに「ラマーズ法」と「ソフロロジー」があります。どちらの呼吸法でお産を進めていきたいのか、また呼吸法へのサポートやいきみの指示など、どうしてほしいのかも伝えるようにしましょう。

 

ポイント4.分娩時の環境について

陣痛中よりできることは限られますが、妊婦がリラックスしてお産に挑めるような環境づくりの要望です。「音楽を聴きたい」「部屋の明かりは暗くしてほしい」であったり、産院によっては「アロマを焚きながら分娩したい」も可能です。

 

ポイント5.立ち合い出産について

「夫に立ち会ってほしい」「誰にも立ち会ってほしくない」など分娩時の立ち合い希望です。「立ち合いながらビデオ撮影がしたい」「産声を録音したい」など、撮影や録音の場合も必ず事前に伝えるようにしましょう。

 

ポイント6.出産直後について

赤ちゃんが生まれた直後の要望です。よくあるのが「カンガルーケアがしたい」や「夫にへその尾カットをしてもらいたい」「赤ちゃんが生まれたらすぐ授乳したい」など、赤ちゃんに関係する要望も伝えておきましょう。

 

出産の大仕事を終えて、ホッとし、新しい生命の誕生に感動するタイミングですので、バースプランはこの瞬間を最も重視する傾向があるかもしれません。

 

産後の入院時の要望

無事に出産を終えると、今度は新生児の育児が始まります。入院中に母体のケアとともに育児もスタートします。バースプランでは入院中のこともしっかり伝えておきましょう。

   

ポイント1.授乳・沐浴等の指導について

「母乳育児がしたい」「完全ミルクで授乳したい」など授乳についての要望です。要望に応じた指導を助産師さんがしてくれます。沐浴についても自身はもちろんのこと、父親にもお願いしたいなどを伝えるようにしましょう。

 

ポイント2.入院する部屋について

「個室にしてほしい」「母子同室にしてほしい」「家族が泊まれる部屋にしてほしい」など、 入院中の部屋についても要望があれば伝えておきましょう。しかし、部屋には限りがありますので、分娩が重なった場合は必ずしも要望通りになるとは限りません。

 

 

【体験談 Pick Up】どのように出産したい?バースプラン、考えましたか?

 

投稿者:ずみこさん

周囲は立ち会いたがっていた!「誰も分娩室に入れないと意思表示」

出産するシーンを想像したとき、私はどうしても、旦那さんや実母が立ち会うイメージがもてませんでした。 集中したいのに、知っている顔が見えると集中できない気がしたんです(^^;) 産院側はバースプランについて特にたずねて来ることは無かったのですが、「親族は誰も分娩室には入れないでください」という意思表示はしました。

看護師さんからは、出産は心細くなるものだから、誰か立ち会ってもらったほうが心強いのでは?とアドバイスもあり、 旦那さんからも立ち会う気持ちがあることを聞きました。 しかし、やっぱりいざ産むということを想像したときは、一人の方が集中できるように感じたので考えは変えませんでした。

カンガルーケアがしたい

よくないというお話もありますが、私はカンガルーケアをしたいと考えていました。 生まれてすぐの我が子を抱っこしたい!という強い思いがあったからです。 幸い病院自体がカンガルーケアを推進しているところだったので、申し出なくて良かったのですが、バースプランとしてカンガルーケアははずせない項目だったなぁと思います。

みんなへメッセージやアドバイス

結局分娩は誰も立ち会わず、生まれてすぐの我が子を抱っこすることもできました。 周囲には立ち会いたい気持ちもあったかもしれませんが、出産は妊婦さんにとって大仕事です。 自分の気持ちを優先させてもらえて、集中して出産にのぞめてよかったなぁと思いました☆ バースプランとして、自分の希望が提出できる産院もあると思うので、出産のイメージをして、自分の希望をまとめておくと良いのではないかなぁと思います(*^^*) (一部抜粋)

 

バースプランを考えておくことで理想の出産が

バースプランは、理想の出産を叶えるための大切な計画表です。きちんと伝えることで、産院側もサポートしやすくなります。しかし、最も優先されるのは、バースプランではなく、母子の命です。緊急時はバースプラン通りにいかないかもしれません。

しかし、出産は一生に、数回あるかないかの貴重な体験です。後悔しないように、出来るだけ自分の要望を明確にしておきましょう。

  

(Photo by:https://www.photo-ac.com/)

著者: カラダノート編集部

本記事は、2017-06-27掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

選び方・ポイントに関する記事

迷う?助産院・病院での出産…それぞれの出産のメリットとデメリットを比較!

「出産をどこでするのか?」という悩みは、妊娠すると必ず選択しなければいけないこと...

ママ・ベビーだけでなく、医療従事者や他のママにまで…未受診妊婦の感染症の可能性

妊娠がわかると、出産まで定期的に妊婦健診を受けます。これは、母体と胎児を危険な状...

産婦人科・産院の体験談

助産院のメリットとデメリットについて

私は、助産院で里帰り出産をすることにしました。理由は母の勧めです。 母曰く、病院で産むのは「産んだ...

産婦人科での検診が苦痛(:_;)

子どもを妊娠したら、定期的に検診が必要ですが、私はその検診での内診が苦痛でたまりませんでした。 羞...

カラダノートひろば

選び方・ポイントの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る