カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 育児・子供の病気 >
  3. 保育園・施設 >
  4. 認可と認可外…必ずしも認可保育園が安いわけではありません!

育児・子供の病気

認可と認可外…必ずしも認可保育園が安いわけではありません!

 

保育料の決め手は「子供の年齢」と「親の所得」

 

認可保育園の場合、保育料は子供の年齢と親の所得により決められます。市区町村ごとに定められているため一律ではありませんが、一般的に0~2歳児の保育料が高めに設定され、3歳以降になると安くなるように設定されています。子供が小さいほど1人の子どもにかかる保育士の数も増えるためです。世帯年収が高くなる共働き家庭だと、育児休業明けの0~1歳児の保育料が5~7万円と高額になる傾向があります。あまりの保育料の高さに子供を預けてまで働くことの意義を見失いそうになりますが、子供が成長するごとに保育料は安くなります。3歳以降になれば所得が高い家庭でも2万円台まで下がるようです。

 

お財布にやさしい認可外保育園もあります

 

認可外保育園とは国の認可を受けていない民間保育園の総称ですが、残業にも柔軟に対応して夕飯を出したり、働くお母さんの要望にきめ細かに対応していることを売りにしている保育園も多いです。認可外保育園を検討する際には、必要な条件を明確にして見学することをお勧めします。認可外保育園の保育料は独自に決められています。私立の認可外保育園は高いのでは、という印象を持ちがちですが、3歳未満の共働き家庭になるとそれほど大きな差がないことがほとんどです。また、週3回だけ預けたい、等の特別な条件で探している場合、認可外の保育園の方が安くなる場合もあります

 

自治体によっては認可外保育園利用者への助成があります

 

待機児童が多い地域で入園できるかが心配な時は、一時的に認可外保育園に入って認可保育園への転園をすることも可能です。認可外保育園を利用する人に、保育料の助成を行っている自治体も出てきています。ホームページで確認しておきましょう。

 

(Photo by://www.ashinari.com/2009/04/20-017339.php)

著者: munpuriさん

本記事は、2016-07-27掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

保育園・施設に関する記事

仕事のスタート・子供の入園スタートの調整が大事!

  幼稚園や保育園、託児所に入園させてしばらくしてから、仕事をスタートさせ...

頼れる助っ人、病児保育!病気の子どもを預けられる施設

  共働きの家庭にとって、子どもの病気は悩みのタネ。両家の実家が遠方なら、...

保育園・施設の体験談

【1歳と3歳】保育園児の平日家でのスケジュール

一歳代から子どもが保育園に行きだすようになりました。 保育園のある平日は朝も夜もバタバタです。 ...

0歳からの保育園。

私は小さい会社に勤めていたので、長い育休を取ることができませんでした。同僚は産後一か月で復帰した人も...

カラダノートひろば

保育園・施設の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る