カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 育児・子供の病気 >
  3. 保育園・施設 >
  4. 保育園は誰でも入れるわけではない?!保育園への入園の条件

育児・子供の病気

保育園は誰でも入れるわけではない?!保育園への入園の条件

 

出産をしてだんだんと育児に慣れてくると、「そろそろ働こうかな?」と考えるお母さんも少なくないでしょう。そしてそんな時には子供の預け先が一番の問題になります。実家がそばに会っておじいちゃんやおばあちゃんが見てくれていればいいけれど、なかなかそういった好条件に身を置いている人も少ないのが現実です。そんな中で一番に浮かぶ預け先が保育園ですが、保育園への入園もいろいろな条件で制限がかかっています。

 

保育園は誰でも入れるわけではありません!

 

保育園には誰でも入れるわけではありません。両親の事情で「保育に欠ける」要件がある場合に初めて利用可能となります。具体的には以下のいずれかの要件に当てはまることが必要です。

 

□保護者が居宅外で就労している

□保護者が居宅内で労働している(自営・内職など)

□産前産後

□保護者が傷病または心身障害を患っている

□同居家族が介護を必要としている

□災害の復旧に従事している

 

尚、産前産後の場合は、入園を許されても2か月から5か月等利用期間を限定されていることが一般的です。また、就学をしている場合は現在求職中という場合も要件として認められますが、上記より優先度が低くなります。

 

住んでいる自治体の園にしか入れません

 

もう一点注意しておきたいのは、自分が住んでいる市区町村内の園にしか入れない、ということです。これは公立保育園に限らず私立保育園も同様です。隣の町へ引っ越しをするが、今まで通りの園に通わせたい、といったようなケースでは「広域入所」という手続きを役所に依頼することになります。また、通勤の都合上会社の近くの園へ入園させたいという場合も、同じ手続きを踏むことになりますが、新規に他の市区町村の園にはいるという希望はなかなか通りずらいというのが現状のようです。

 

(Photo by://www.ashinari.com/2011/11/17-352930.php)

著者: munpuriさん

本記事は、2016-07-28掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

保育園・施設に関する記事

自治体の補助制度もきちんと確認!幼稚園の費用ってどれくらい?

まだまだ幼稚園とはいえその出費はばかになりません。 一体いくらかかるのか、...

子育て支援!ファミリーサポートセンター

  保育園や幼稚園にお子さんを預けると、どうしても仕事を休んだり、早退しな...

保育園・施設の体験談

【1歳と3歳】保育園児の平日家でのスケジュール

一歳代から子どもが保育園に行きだすようになりました。 保育園のある平日は朝も夜もバタバタです。 ...

0歳からの保育園。

私は小さい会社に勤めていたので、長い育休を取ることができませんでした。同僚は産後一か月で復帰した人も...

カラダノートひろば

保育園・施設の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る