カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 健康診断・健康管理 >
  3. 検査項目 >
  4. 肝機能 >
  5. アルカリホスファターゼ(ALP) >
  6. ALP値が急上昇!子どもに多い病気、一過性高ALP血症って何?

健康診断・健康管理

ALP値が急上昇!子どもに多い病気、一過性高ALP血症って何?

胆道の病気、そして肝臓の病気などを知る際の指標のひとつがアルカリホスファターゼという酵素の値です。通称はALP値と呼ばれており、このALP値が高いときには胆道や肝臓になんらかの異常がある、がんの骨転移が起きているなどの事態が予測されます。

 

特に600IU/l以上の場合は閉塞性黄疸、転移性骨腫瘍などの病気が考えられます。

 

●一時的にALP値が高くなる一過性高ALP血症

ALP値が高いのは確かに危険ですが、危険度から言うとがんなどよりもはるかに低い病気が一過性高ALP血症です。

 

名前からもわかるように一時的にのみALPが血中に非常に多くなってしまう病気で、その症状は消化器に現れることが多いです。下痢や嘔吐が中心で、発熱を伴うケースも多いことから、風邪と誤解されることも少なくはありません。

 

●一過性高ALP血症は子どもに多い

小児科外来に来る子供のうち、1000人に7人はこの一過性高ALP血症と言われるくらい、子どもに多い病気です。

 

子供の中でも特に注意したいのが3歳以下の子で、元々子供は骨の成長があるためALP値が高いことを差し置いても非常に高い値が確認できます。乳幼児がかかりやすいロタウイルスやRSウイルス感染と関わりがあると考えられ、現在研究が進められています。

 

●ALPアイソザイム分析で判断できる

ALP高値が一過性高ALP血症かどうかの診断は、ALP1型からALP6型までを分けるアイソザイム分析によって判断できます。一過性高ALP血症の場合は、肝臓・胆管型のALP1型と肝臓・毛細胆管型のALP2型の間にバンドと呼ばれるものが出ます。

 

ALP値が高いと一般的に考えられる病気には肝臓の病気、がんの転移などが挙げられますが一過性高ALP血症の可能性もあります。

 

子供がかかりやすい一過性高ALP血症ですが、大人も可能性がゼロではないのでアイソザイム分析によってどこに問題があるのかをみる必要があります。

 

消化器症状が出るので水分・栄養補給に気をつけながら過ごせばそのうちにALP値は正常に戻ります。

(Photo by: [//pixabay.com/])

著者: あさこすさん

本記事は、2016-07-31掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

アルカリホスファターゼ(ALP)に関する記事

ALP値が低すぎると遺伝性低ALP血症の可能性がある!?

アルカリホスファターゼというのは肝機能や骨を作る機能と関係している酵素のひとつ...

よく分からない健康診断の数値…ALP高値から考えられる4分類の病気!

  健康診断の数値はよくわからないアルファベットやよくわからない単位で書かれて...


アルカリフォスファターゼ(ALP)の値を調べる血液検査でわかることとは

  アルカリフォスファターゼ(ALP)というのは酵素の一つで、リン酸エステ...

肝機能の病気がわかる!ALPの働きを簡単に知ろう!

  ALPはアルカリホスファターゼという正式名を持っている酵素で、肝臓や骨、胎...

カラダノートひろば

アルカリホスファターゼ(ALP)の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る