カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. ガン・悪性腫瘍 >
  3. 膵臓がん >
  4. 原因・予防 >
  5. 喫煙・肥満・運動習慣…膵臓がんの危険因子を知ろう!

ガン・悪性腫瘍

喫煙・肥満・運動習慣…膵臓がんの危険因子を知ろう!

 

定期検診などを怠っている人は、健康に自信があるか、あるいは面倒で検診に行かないかだと思います。しかしその場合、自覚症状が少ない疾患を発症していると、病気に気づいたときにはかなり進行してしまっていて手遅れになっていた、ということも十分にありえます。

 

手遅れになりやすい膵臓がん

上記のような状態になりやすいのが膵臓がんです。早期で発見される場合には、検診で偶然発見されることが多く、ほとんどが進行してしまってから発見され、治療が難しい状態で見られます。

 

膵臓がんと関係の深い生活習慣

膵臓がんは遺伝や疾患など、その人のなりやすさが多少あるとされていますが、それだけではなく生活習慣も発症の原因として関係していると考えられています。

 

喫煙

…膵臓がんの発症の危険因子として確定されているのは喫煙だけです。膵臓がんの発症のうち、割合にして約20%が喫煙に起因するとされています。ただし、喫煙が膵臓がんの発症の危険性を上昇させるというだけであって、喫煙年数や喫煙量と、膵臓がんの発症の可能性が有意に関係しているとまでは言い切れません。

 

肥満

…日本で肥満と膵臓がんの関係は有意に認められてはいません。ただ、アメリカでは肥満と膵臓がんの発症が有意に関係していると分かっており、肥満に伴って膵臓がんの危険が上がると報告されています。膵臓がんは糖尿病とも深く関係していますから、肥満に伴って糖尿病の頻度が高くなることとも関係していると考えられます。

 

運動

…運動習慣がある場合、膵臓がんの発症の傾向が低下するとされています。これも糖尿病などとの兼ね合いで、運動によって糖尿病や肥満が改善されるためと考えられます。

 

これらを考慮することは膵臓がんだけでなく、身体を健康に保つという意味において様々な疾患の予防になります。特に家族に膵臓がんの既往歴があるような場合には、生活習慣に幅広く気をつけたいですね。

 

(Photo by: [//www.ashinari.com/2009/05/08-019198.php])

著者: Roddyさん

本記事は、2016-07-29掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

オススメ検索ワード

原因・予防に関する記事

治りにくい癌の代表!早期発見が難しいすい臓癌

死亡者数で5位!治りにくい癌の代表近年、膵臓癌による死亡者数が著しく増加していま...

膵臓癌の予防には規則正しい睡眠を

  ■膵臓癌は初期症状がなく見つかりにくい癌であり、がんが発覚したときにはすで...


膵臓癌に負けない免疫力を

  ■膵臓に癌細胞ができてしまっても、その影響は症状として表れることは無く、も...

年々増えている「すい臓がん」発見が難しい理由となりやすい人の特徴

ニュースでも報じられていましたが、ジャーナリストの竹田圭吾さん(51歳)が1...

カラダノートひろば

原因・予防の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る