カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 育児・子供の病気 >
  3. 成長の目安 >
  4. 3歳以上 >
  5. >
  6. 気になる子供の症状「初期虫歯」

育児・子供の病気

気になる子供の症状「初期虫歯」

歯医者さんに「虫歯です」と言われると、ギクッとしますよね。子供の歯ならなおのこと。

 

「子供は甘いものが好きだから、虫歯になって当たり前」

「乳歯だから虫歯になっても大丈夫」

 

なんて思っていたら大間違い。体も脳も発達の著しい時期、子供の「噛む力」を阻害するなんて残念すぎます。

 

ご自宅でのこまめなケアで虫歯の予防と改善に努めましょう。

 

虫歯を防ぐ

虫歯にならないために「丁寧なブラッシング」はもちろん大事。仕上げ磨きの方法は、乳幼児健診のときなどに歯科衛生士さんから教わったことを基本に。できれば小学校低学年までは仕上げ磨きを続けましょう。

 

ブラッシングは一日に何回もやるよりも、一日1回をしっかり念入りにやるほうが効果的です。

 

そして、ブラッシングも大事ですが「食生活の管理」はもっと大事。おやつをダラダラと食べて、口の中にずっと甘いものが残っている状態はとても危険です。一日中、ジュースやスポーツ飲料ばかりを飲んでいるのもNG。

 

おやつやジュースは時間と量を決めて摂ること。日中の水分補給はお水やお茶がベストです。 

 

虫歯を治す

実のところ「虫歯を治す」というのは言い過ぎで、「虫歯の進行を止める」というのが正解です。

 

子供の虫歯を悪化させないためには「初期虫歯」のケアが大事。健康な歯の表面はツルピカですが、初期虫歯の表面は光沢のない白い色をしています。初期虫歯を見つけたら、いつもより念入りなケアをすることで、歯の再石灰化を促し虫歯の進行を止めることができます。

 

具体的にやることは、「虫歯予防」とまったく同じ。とにかく日頃のケアが大事です!

 

また、子供の歯に黒いところがあっても虫歯だとは限りません。歯が再石灰化したところが黒くなるので、むやみに削ったりしないで。心配だったら歯科医に診てもらいましょう。

 

永久歯を虫歯にしないためにも、乳歯の頃からしっかりケアする習慣をつけておきましょう。

 

(Photo by //www.ashinari.com/)

著者: yurikoさん

本記事は、2016-08-10掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

歯に関する記事

子どもの歯列矯正は7-12歳で開始!子どもの歯列矯正について

歯並びが悪く、日常生活に問題を及ぼしそうなとき、本人が気にしている場合などは...

やったほうがいい?虫歯予防のためのフッ素塗布

乳幼児健診のときや歯医者さんで、虫歯予防のために歯に塗る「フッ素」。 「虫...

歯の体験談

4歳で歯が!

ここ最近、子供たちの仕上げ磨きはパパがしていたので、久しぶりに長女の歯磨きをしていたら、 下の...

カラダノートひろば

歯の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る