カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 健康診断・健康管理 >
  3. 検査項目 >
  4. 腎機能 >
  5. 尿潜血(UOB) >
  6. 尿潜血の基準値から考えられる病気とは?腎炎、腎臓腫瘍、腎臓結石、尿管腫瘍…

健康診断・健康管理

尿潜血の基準値から考えられる病気とは?腎炎、腎臓腫瘍、腎臓結石、尿管腫瘍…

 

尿の中に混じるものはさまざまで、例えば蛋白質が尿の中に混じるのは量さえ少なければそれほど大きな問題ではありません。一方で、少量でも尿に混じると問題とされるのが赤血球(血液の細胞で赤い)です。

 

血液が尿の中に混じった状態を尿潜血と呼んでおり、顕微鏡で確認できる顕微鏡的血尿と肉眼で確認できる肉眼的血尿に分かれています。

 

●尿潜血の基準値は?

尿潜血は尿蛋白と同じように陰性・陽性で値が表示されるタイプの検査項目となっています。

尿潜血検査値が陰性もしくは(-)であれば、特に問題はなく潜血に関して言えば健康的な尿です。

 

一方で注意したいのが陽性もしくは(+)、それよりも高い(+1)、(+2)などで、こちらは尿潜血がみられるケースです。更に、より尿潜血が多い場合には(+3)などがあり、危険値です。

 

(+)や(+1)でも陽性が出て、病気が疑われる場合には尿沈渣検査などを行わなければなりません。

 

●尿潜血から考えられる病気とは

尿潜血から考えられる病気には腎臓の病気があります。

蛋白尿などにも言えることですが、尿に問題があるということは、尿を作っている腎臓の問題である可能性が高いのです。例えば、腎炎、腎臓腫瘍、腎臓結石、尿管腫瘍、前立腺炎のほかに白血病や筋ジストロフィーの危険性もあります。

 

尿の中に赤血球が混じる尿潜血は、(+)もしくは陽性異常が病気の疑いがあるとされています。痛みを伴う尿潜血の場合には尿路や尿管に問題があるケースが多く、発熱を伴う尿潜血の場合には腎盂腎炎の可能性が高いです。

 

その他に、無症状でも尿潜血が出ている場合にはがんの疑いも少なからずあるので、詳しくは腎生研やその他の検査で病気を明らかにして、速やかに治療していきます。

(Photo by: //www.ashinari.com/)

著者: あさこすさん

本記事は、2016-08-03掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

尿潜血(UOB)に関する記事

2013年から変わった!尿潜血含む血尿診断ガイドライン

医療のガイドラインは、その時その時で変わることももちろんあります。例えば新たに...

原因特定が困難?尿潜血検査で陽性の場合、どうやって原因を見つけるの?

健康診断の項目でよく見かける尿潜血の項目ですが、これはいったいどのような検査...


尿潜血の偽陽性を避けるためには?激しい運動は尿潜血の偽陽性を引き起こす!?

  尿の色と言えば普通はビリルビンが作り出す黄色で、たまには白っぽかったり透明...

カラダノートひろば

尿潜血(UOB)の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る