カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 育児・子供の病気 >
  3. 保育園・施設 >
  4. 一時保育 >
  5. 子育てにもリフレッシュを!産後のサポートシステムについて紹介!

育児・子供の病気

子育てにもリフレッシュを!産後のサポートシステムについて紹介!

子育ては、日々の赤ちゃんの成長を見られて楽しいものです。

しかし、毎日24時間一緒にいるのは、いくらママとはいえ気がめいってしまうもの。

今回はそんなママたちのために赤ちゃんを一時的に預かってくれるシステムをいくつかご紹介します。 

 

 

保育園の一時保育 

自治体によっては、認可保育園の中にもママの通院や冠婚葬祭などやむを得ない状況や、買い物などリフレッシュ目的でのスポット利用ができるシステムを持っているところがあります。

 

利用方法は通常の保育園利用と同じく保育園に預けることになります。

園によりますが、大抵定期利用の同齢の子供たちと一緒に預けられることになります。

 

認可保育園の場合1日2000円~3000円。

事前に面接と登録を経て、1週間ほど前に利用申し込みをするという形式が一般的です。

 

ファミリーサポート 

名称はファミリーサポートに限らず様々ですが、自治体による子育て支援サービスのことです。

仲介会社となるサポートセンターが間に入り、地域で子供を預かってくれる支援者と預けたいママとをつなげるシステムです。

 

支援者として登録されているのは、地域の講習を受けた子育て経験者の場合がほとんどですが、中には保育関係の有資格者等に限定している地域もあります。

基本的にその支援者の家に預けることになり、支援者の家に子供がいれば一緒に遊ぶことになります。

 

自治体により料金設定は様々ですが、1時間600円~800円といった料金が一般的なようです。

事前にサポートセンターに登録して、利用前には事前にサポート会員と顔合わせや打ち合わせをするのが一般的です。

 

ベビーシッター 

派遣会社から派遣されたシッターが、依頼者の自宅で子供を預かってくれるシステムです。

プランによっては軽い家事や子供の入浴を補助してくれます。

場所は依頼者の自宅が一般的ですが、冠婚葬祭の会場等比較的柔軟に対応してくれることが多いようです。

 

利用するには派遣会社に事前に登録しておいて、利用する日は追って連絡することになります。

その際、ほかのサービスと比較して急な依頼にも対応できることが特徴です。

 

入会金、登録金を徴収する会社もありますが、1時間2000円~4000円が相場とされています。

 

時にはこういったサポートサービスを活用して、カラダとココロを少し休めることも必要です。

 

(Photo by: //www.ashinari.com/2011/05/18-347737.php)

著者: munpuriさん

本記事は、2016-07-28掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

一時保育に関する記事

アメリカに学ぶ!賢いベビーシッターの使い方

ハリウッド発の海外ドラマを見ていると、良く出てくるのがベビーシッター。ベビーシ...

ベビーシッターの上手な利用法*ママのリフレッシュにも活用!

   育児は楽しいものでも、時には人に頼りたくなったり一人の時間が欲しくなったり...

一時保育の体験談

1歳2か月★パートを始める母と一時保育

そろそろ家計のために、パートを始めようと思っています。 来年度の4月から保育園に通わせるために...

娘よ、よく頑張ったね!初めての保育園の一時預かり

私の住んでいる街は一時預かりしている保育園があまりなく、しかも利用できるの月齢が早くて1歳半…。 ...

カラダノートひろば

一時保育の関連カテゴリ

一時保育の人気体験談ランキング

育児・子供の病気のひろば閲覧ランキング

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る