カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 健康診断・健康管理 >
  3. 検査項目 >
  4. 腎機能 >
  5. クレアチニン(Cr) >
  6. クレアチニン値が低い場合に考えられる病気って?腎機能異常などを早期発見できるんです!

健康診断・健康管理

クレアチニン値が低い場合に考えられる病気って?腎機能異常などを早期発見できるんです!

 

筋肉を使った時の老廃物のひとつがクレアチニンで、老廃物ですので体の外に流れ出るのが普通です。

ところが、腎臓の機能の低下などによってクレアチニンを含む血液が正しく濾過されず、血液中にクレアチニンが残ることがあります。

血液中のクレアチニンを調べて腎機能異常などを早期発見できることから、健康診断にクレアチニン検査もあります。

 

●クレアチニンが低くても問題がないケースが多いんです

クレアチニン値の基準となっているのは男性0.6-1.1㎎/dL、女性0.4-0.8㎎/dLで、要注意は男性で1.6㎎/dL以上、女性で1.2㎎/dL以上です。

ですがクレアチニン値が0.5㎎/dLくらい、0.35㎎/dLくらいといったように基準値よりもやや低い程度なら大きな問題はありません。

というのもクレアチニンは筋肉運動の代謝物ですので、元々筋肉が少ない場合は必然的にクレアチニン値も低くなるからです。

男女を比べた時に男性の方がクレアチニンの基準値が高いのは筋肉量が多いからです。

 

●筋ジストロフィーの危険性

多くの場合、クレアチニン値が基準値より低くても健康に著しい影響を及ぼすことはありません。

ですが、例外的な存在が筋ジストロフィーという筋線維が破壊される病気で、筋肉量が圧倒的に減ることでクレアチニン量も減ります。

筋ジストロフィーになると日常生活を送ることが出来ないほど筋力が低下し、最終的には多くの方で呼吸筋が衰えて呼吸不全となり、死に至ります。

筋ジストロフィーは遺伝子異常による病気で、いくつも存在する型によって症状の進行度が異なります。

 

血中のクレアチニン値が基準値よりも低い場合でも、ほとんどは筋力低下などによる体質的側面から考えられる結果です。

特に女性の場合は男性よりも筋肉が少ないのでもともと血中クレアチニン値も低めです。

ただ、筋ジストロフィーという病気で筋肉が破壊されている場合には適切な治療が必要です。

筋ジストロフィーは現状の医学では完治不可能な病気で、対症療法を採用しています。

 

(Photo by: [//www.ashinari.com/2012/12/07-373878.php])

著者: あさこすさん

本記事は、2016-08-03掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

クレアチニン(Cr)に関する記事

クレアチニン値を低くするには運動を控えた方がよい?クレアチニン値が高い場合はどうすればいい?

  血中のクレアチニン値はどれくらい体のためにタンパク質を使ったかによっても差が...

腎臓病の可能性が!クレアチニン値を正常にするために制限したいものとは?

  クレアチンという物質が老廃物となったのがクレアチニンです。クレアチニン...


腎臓機能を正しく知る!クレアチニンクリアランスとは?この値で何が分かるの?

  腎臓は体の中でろ過を担当しており、腎臓で尿を作って体外に排出します。 尿...

血液検査で見る『クレアチニン』とは?

  腎臓はろ過機能を中心として、体の健康を保っています。 腎臓に問題があ...

カラダノートひろば

クレアチニン(Cr)の関連カテゴリ

クレアチニン(Cr)の記事ランキング

人気体験談ランキング

健康診断・健康管理のひろば閲覧ランキング

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る