カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 健康診断・健康管理 >
  3. 検査項目 >
  4. 腹部超音波 >
  5. 身体への負担を最小限に多くの臓器を調べられる!「腹部エコー」とは?

健康診断・健康管理

身体への負担を最小限に多くの臓器を調べられる!「腹部エコー」とは?

 

定期健診や人間ドッグなどで「腹部エコー」をおこなったことがある方は多いのではないでしょうか。

「腹部エコー」は、超音波を腹部に発信しその反射(エコー)を受診、コンピューター処理で画像化し診断を行う検査です。

超音波の発信だけで検査ができるため、放射線被爆の心配がなくどんな人にでも用いることができる検査といえるようです。

 

「腹部エコー」で分かること

「腹部エコー」で調べられる臓器は、肝臓・胆嚢・腎臓・膵臓・膀胱・前立腺・子宮・卵巣などがある他、技術の進歩と共に最近では食道や胃・腸などの消化器官も検査できるようになってきているようです。

これらの臓器はその組織ごとに基本的なパターンがありますが、腫瘍・ポリープ・炎症・結石などの異常が発生している場合、正常な組織との間にコントラストが生まれます。このコントラストから異常を発見することができるのです

また、このコントラストでは、腫瘍などの有無の他その大きさや浸食の深さまで調べることができるため、症状の重篤さや必要な対処に関してより正確に割り出すことができるともいわれています。

 

「腹部エコー」検査が有用とさる病気は、胆石と早期の肝臓ガンといわれます

特に胆石は自覚症状が少なく、発症者の10%は生涯無症状で過ごすこともある病気です。

腹痛や黄疸などが出ていなければ問題ないともされますが、稀に胆のうがんを合併することもある病気ですので、早期発見に越したことがないといえるでしょう。

また、慢性肝炎を発症している場合は肝硬変や肝臓ガンに移行する可能性が高いとされます。そのため、定期的な「腹部エコー」検査で炎症の状態を調べその変化の早期発見が病気の重篤化を未然に防ぐ方法といえるようです。

 

「腹部エコー」はどんな人でも受診できる検査方法です

「腹部エコー」検査は超音波の反射を画像化している検査のため、X腺検査のような放射線被爆の心配がありません

それによって安全なことはもちろんですが、妊婦や幼児など微量の放射線被爆でも影響が出る可能性があるケースでも検査を受けることができます。

特に産婦人科では、妊婦の方だけでなく胎児の診察にも頻繁に用いられています。

 

このように「腹部エコー」検査は、様々な臓器の異常を早期発見できるのはもちろんですが、身体への負担がほぼないことから健康状態の確認のためにも頻繁に用いられているようです。

 

(Photo by : [//www.photo-ac.com/main/detail/1465?title=])

著者: niceさん

本記事は、2016-08-02掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

腹部超音波に関する記事

心房細動・人工弁・胸部大動脈瘤に必要な検査 「経食道心エコー」検査とは?

超音波を使ったエコー検査は、痛みもなく身体への負担や害がほとんどないことから...

腹部エコーからわかる病気に共通する特徴とは?腹部エコーでわかる『組織の異常』

  健康診断などでもおなじみなのが腹部エコーです。 腹部に医療用のゼリーを塗...


超音波検査に使われるゼリーって安全?皮膚への影響は?

健康診断を行う時、血液検査なら採血のための注射が、心電図検査なら手足や胸に心電...

腹部エコー検査の所要時間と費用 実際どれくらいの時間検査されるの?

  健康診断などで腹部エコー検査を受けると、一連の検査の流れの一部になってしま...

カラダノートひろば

腹部超音波の関連カテゴリ

腹部超音波の記事ランキング

人気体験談ランキング

健康診断・健康管理のひろば閲覧ランキング

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る