カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 健康診断・健康管理 >
  3. 検査項目 >
  4. 腹部超音波 >
  5. 痛みや圧迫感が無く、身体に無害な「甲状腺エコー」検査で分かることって?

健康診断・健康管理

痛みや圧迫感が無く、身体に無害な「甲状腺エコー」検査で分かることって?

甲状腺の病気は、あまり一般的な病気とはいえませんが、誰しも発症する可能性がある病気ともいえます。

 

病気を発症すると、甲状腺が大きくなりやすく、しこりなどができる場合も多いため自覚症状を感じ検査を受けるといったこともありますが、定期的な健康診断で「甲状腺エコー」による検査を受け病気の予防や早期発見に努めたいものです。

 

「甲状腺エコー」の検査目的

「甲状腺エコー」で分かる病気は、甲状腺ガン、甲状腺腫、甲状腺機能亢進症、バセドウ病、甲状腺炎などといわれています。これらの病気は、必ず治療が必要な病気といえます。

 

また、早期発見によって症状の悪化をくい止めることができる可能性も高いといわれます。そのためにも、定期的に健康診断を受け、これらの病気がないかをチェックしておく必要があるといえるでしょう。

 

「甲状腺エコー」の検査方法

「甲状腺エコー」は、超音波の反射をコンピューターで画像化し観察する検査のため、痛みや圧迫感がなく、身体に害を与えることもありません。どんな方でも、安心して受けることができる検査といえます。

 

検査方法は、検査機器と皮膚の間に空気が入ることを防ぐために、甲状腺のある喉部分にジェルを塗り、超音波検査機器を当てて測定します。診察台に横になるか、座ったままでも簡単に検査が行えると共に、検査時間も5分程度とすぐに終わる検査といえます。

 

「甲状腺エコー」で分かること

甲状腺の病気は、甲状腺の肥大具合、しこりの有無などを検査します。まず大きさを測定し、しこりがある場合はその位置や形状、内部の状態を判断していきます。

 

「甲状腺エコー」の検査の他に、血流の速度や腫瘍の硬さを測定することで、その場でそのしこりが良性か悪性かを判断することも可能といわれています。

 

「甲状腺エコー」で分かる甲状腺の病気や状態は非常に多いですが、甲状腺の病気自体が長期治療を必要とするものが多いことから、異常があった場合は精密検査を勧められることが多いでしょう。

 

いずれにしても、早期発見が大切といわれますので定期的な受診をお勧めします。 

(Photo by : [//www.photo-ac.com/])

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-08-02掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

腹部超音波に関する記事

超音波検査に使われるゼリーって安全?皮膚への影響は?

健康診断を行う時、血液検査なら採血のための注射が、心電図検査なら手足や胸に心電...

安心・安全な「腹部エコー」検査 検査はどのように行われるの?

問診を受けた時に、内臓の異常が考えられる場合におこなわれる検査として「腹部エ...


腹部エコー検査の所要時間と費用 実際どれくらいの時間検査されるの?

  健康診断などで腹部エコー検査を受けると、一連の検査の流れの一部になってしま...

腹部エコーからわかる病気に共通する特徴とは?腹部エコーでわかる『組織の異常』

  健康診断などでもおなじみなのが腹部エコーです。 腹部に医療用のゼリーを塗...

カラダノートひろば

腹部超音波の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る