カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 健康診断・健康管理 >
  3. 検査項目 >
  4. 腹部超音波 >
  5. 超音波で安全・安心の検査「心臓エコー」どういった検査方法で行われるの?

健康診断・健康管理

超音波で安全・安心の検査「心臓エコー」どういった検査方法で行われるの?

心臓の検査を受ける機会は、定期健診以外ではそんなに多いことではないかもしれません。

一言で心臓の検査といってもいくつか方法がありますが、その中でも身体に負担が少なく安全といわれている検査が「心臓エコー」検査です。

どういった検査方法なのでしょうか。

 

超音波で心臓の状態を診る検査

心臓超音波検査で一般的な方法は、胸部を出して診察台に仰向けに寝転んだ状態で超音波発信機であるプロープを肋骨の隙間に沿うように当てます。超音波検査の画像は空気が入ることではっきり見えなくなるという特性を持っているため、プロープと皮膚の間に空気が入らないように検査する場所にゼリーを塗ります。

プロープから発信された超音波は、人の耳には聞こえないほどの高周波数のものです。その超音波は臓器や組織に当たると歪みが生じ反射して返ってきますその動きや様子をコンピューターで画像化し、モニターに映し出すことで診断が行われます。

 

「心臓エコー」は安全

「心臓エコー」検査で使用されるプロープは超音波画像モニターにつながっているため、プロープを当てた部分の様子や動きを、オンタイムでその場で観察することができます。

また、「心臓エコー」検査の際は、同時に心電図も取ることが多いとされています。前胸部や手首と足首に電極を取り付け、心電図と心臓エコー画像をみていきます。一般的に検査にかかる時間は20分~30分程度とされています。

 

「心臓エコー」でわかること

「心臓エコー」検査を行う目的は、大きくは2つとされています1つは心臓の形の異常を発見する形状診断、もう1つは心臓の動きをみる機能診断です。

特に心臓は常に拍動している臓器のため、動いている状態をエコーによってそのまま観察できる検査は大切といえます。

 

「心臓エコー」はX線撮影やRI検査のような、放射線による被曝の心配がありません。そのため、妊婦や乳幼児でも安心して検査を受けることができるのです。

同時に、心臓の形の異常だけでなく動きの異常を確実にみつけることができる検査ともいえます。

心臓は身体にとって非常に重要な臓器です。病変を確実に発見し、的確な治療を行うことで健康を維持することができるといえるでしょう。

 

(Photo by : [//www.photo-ac.com/main/detail/45247?title=])

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-08-01掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

腹部超音波に関する記事

頸部リンパ節転移の検査には「頸部リンパ節エコー」 検査で何が分かるの?

顎から咽喉周辺にしこりや腫瘍ができる症状を総称して、頸部腫瘤と呼びます。 ...

痛みや圧迫感が無く、身体に無害な「甲状腺エコー」検査で分かることって?

甲状腺の病気は、あまり一般的な病気とはいえませんが、誰しも発症する可能性がある...


腹部超音波検査では何がわかるの?胆石や早期肝臓がんの発見に効果アリ!

             腹部に超音波を発信し、そこから帰ってくる反射波(エ...

安心・安全な「腹部エコー」検査 検査はどのように行われるの?

問診を受けた時に、内臓の異常が考えられる場合におこなわれる検査として「腹部エ...

カラダノートひろば

腹部超音波の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る