カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 健康診断・健康管理 >
  3. 検査項目 >
  4. 腹部超音波 >
  5. 心房細動・人工弁・胸部大動脈瘤に必要な検査 「経食道心エコー」検査とは?

健康診断・健康管理

心房細動・人工弁・胸部大動脈瘤に必要な検査 「経食道心エコー」検査とは?

超音波を使ったエコー検査は、痛みもなく身体への負担や害がほとんどないことから頻繁に用いられる検査方法となったといえるでしょう。

そしてその検査方法は心臓の検査にも用いられています。

そんな中でも「経食道心エコー」は一部の心臓病の方を対象として行われる検査のようです。

 

「経食道心エコー」検査が必要な病気とは?

「経食道心エコー」検査を用いる場合は、主に3つの病気の検査のためといわれています。

そもそも「経食道心エコー」は、食道が心臓のすぐ傍にあることから食道から超音波を発信したら、よりはっきりと心臓の状態を把握することができるのではないかといった考え方から発生しました。そのため、精密検査として使われることが多いようです。

そんな「経食道心エコー」検査を必要とする病気の1つは『心房細動』です。

心房細動は心臓に不整脈が起こる病気です。この病気になると、左心房と呼ばれる所で血液が停滞し、脳血栓などの原因となる血栓(血液のかたまり)ができやすくなるといわれています。そして、左心房の中でも特に血栓ができやすい場所が左心耳と呼ばれる部分で、この部分は「経食道心エコー」でなければ十分な検査はできないとされています。

次に、「経食道心エコー」を必要とする病気は『人工弁』です。通常の「心臓エコー」では、人工弁の裏側の状態を診ることができません。

そのため、人工弁に異常が発生した場合は「経食道心エコー」で裏側も検査を行う必要があるといえるのです。

 

そして、もう1つ「経食道心エコー」を必要とする病気が『胸部大動脈瘤』です。

胸部大動脈瘤は、大動脈が拡張していないか、裂けていないかを細かくチェックする必要がある病気です。そのため、大動脈により近い場所からエコー検査を行う必要があるといえます。そういった時に「経食道心エコー」が役立つのです。

 

「経食道心エコー」の検査方法

「経食道心エコー」検査は、喉に麻酔をおこない超音波付の胃カメラのような管を口から食道まで入れます。そのため、通常のエコー検査よりも身体への負担が大きいと言えるかもしれません。また、食道や胃に他の異常があった場合、検査がおこなえない場合もあるようです。

 

様々な条件が必要となる「経食道心エコー」検査ですが、必要不可欠なシーンが沢山あるといえるようです。

 

 

(Photo by : [//www.photo-ac.com/main/detail/72937?title=])

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-08-03掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

腹部超音波に関する記事

検査で白い部分が多ければ要注意!腹部超音波検査でわかる脂肪肝とは

  健康診断は病気を早期発見するほか、これから病気になりそうな部分を発見して生...

身体への負担を最小限に多くの臓器を調べられる!「腹部エコー」とは?

  定期健診や人間ドッグなどで「腹部エコー」をおこなったことがある方は多い...


腹部エコーからわかる病気に共通する特徴とは?腹部エコーでわかる『組織の異常』

  健康診断などでもおなじみなのが腹部エコーです。 腹部に医療用のゼリーを塗...

腹部超音波検査では何がわかるの?胆石や早期肝臓がんの発見に効果アリ!

             腹部に超音波を発信し、そこから帰ってくる反射波(エ...

カラダノートひろば

腹部超音波の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る