カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 育児・子供の病気 >
  3. 病気と症状 >
  4. アレルギー(免疫異常) >
  5. 花粉症 >
  6. 赤ちゃんもなるらしい!?ベビーの花粉症対策

育児・子供の病気

赤ちゃんもなるらしい!?ベビーの花粉症対策

最近までは「赤ちゃんは花粉症にならない」「花粉症は5~6歳にならないと発症しない」と言われていましたが、1歳代でも花粉症になる赤ちゃんはいるようです。赤ちゃんは花粉症にならないと決めつけず、花粉症らしい症状が見られたら一度受診してみることが大切です。

とはいえ我が子が花粉症になったら、どのような対策をとればよいのでしょうか。 

 

赤ちゃんでも基本的には大人と同じ 

まず赤ちゃんの花粉症の症状ですが、基本的に大人と同じです。外に連れ出した時に目をかゆがる、鼻水が長く続く等の症状が気になったら一度受診すると良いでしょう。花粉症と診断された場合にも、基本的な対処法は大人と同じです。

抗アレルギーの点鼻薬や点眼薬を使って治療していきます。といっても、赤ちゃんには赤ちゃん用の弱いお薬が処方されますので、副作用を心配する必要はありません。

 

外出は花粉の飛散量を見て 

赤ちゃんの場合、通学や通園などどうしても外に出なければいけない用事は少ないと思います。症状を軽く抑えるためには、出来るだけ花粉飛散量の少ない日を選んでお出かけをするようにしましょう。最近のテレビの天気予報を見れば、その日の飛散量を教えてくれているはずです。

外に出るときにはウィンドブレーカーなどのつるつるとした素材を選ぶことで花粉が付着することを防げます。室内にも花粉を持ち込まないように、家族は玄関の前で服をはたき、洗濯物も中で干すようにしたほうが良いでしょう。 

 

花粉症はとにかく花粉が肌につくことを防ぐしかありません。外に出るときは花粉が落ちやすい服装を心がけ、室内では花粉が部屋に入らないようにする努力が必要になります。特に風が強い日などは花粉症の人にとって辛い一日となります。換気等も避け、出来るだけ室内で遊ぶようにしましょう。

(Photo by://www.ashinari.com/2009/04/20-017339.php)

著者: munpuriさん

本記事は、2016-08-04掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

花粉症に関する記事

その鼻水、花粉症が原因かも!?子どもの花粉症の特徴とは

春先や秋には、花粉症に悩まされる人が多いですよね。大人だけでなく、子どもも花...

大人と同じように子供も秋には花粉症になる可能性がある!注意点と風邪との見分け方

秋の花粉症の原因はカナムグラ、ブタクサ、アワダチソウなどがあり、春ほどではな...

病気と症状の体験談

大流行!RSウイルスにご注意。

今年はRSウイルスがかなり流行していますね。私の甥っ子、姪っ子も先月にこのウイルスにかかり大騒動でし...

赤ちゃんのめやにが多い!は眼科に行こう。鼻涙管閉塞。

長男はいつもめやにが出ていました。 めやにだけでなく、まつげがつねに濡れていました。 朝になると...

カラダノートひろば

花粉症の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る