カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 育児・子供の病気 >
  3. お風呂・スキンケア >
  4. スキンケア >
  5. 赤ちゃんも春からしっかり紫外線対策をしましょう!子供のスキンケア

育児・子供の病気

赤ちゃんも春からしっかり紫外線対策をしましょう!子供のスキンケア

 

1年の中で、紫外線の影響が日に日に強くなってくるのがこの季節です。穏やかな日差しと心地よい風の中では、つい紫外線のことを忘れてしまいがちですが、この季節の紫外線対策が意外と大切です。

 

 

18歳までに浴びた紫外線がその後の皮膚を決める!?

 

実は、18歳までに浴びた紫外線が多ければ多いほど、紫外線による皮膚疾患を発症する割合が高いと言われています。もちろん乳幼児もその例外ではありません。紫外線は皮膚の老化を促して、シミ・しわを増やすだけでなく細胞を傷つけ、皮膚がんを引き起こすリスクを高めます。日本では季節で言うと4月から9月、時間で言うと午前10時から14時に一番紫外線が多いと言われています。保育園や幼稚園に行くようになれば自ずと紫外線を浴びるようになりますので、赤ちゃんの時は特に、紫外線から守ってあげることを心がけましょう。

 

帽子や日傘などを使って肌の露出を控えましょう

 

紫外線を予防するには、肌に直接紫外線を浴びないことが一番です。赤ちゃんとのお出かけの際には可能であれば朝や夕方など日差しが弱い時間帯を選ぶと良いでしょう。お出かけの際には、肌の露出がないように心がけましょう。赤ちゃん用のレッグウォーマーも夏用の涼しいものなどがあります。通気性が良く、なおかつ紫外線がカットできるようなものを選びましょう。ベビーカーで移動する際には、日よけで日差しがカットできているかどうか確認してあげましょう。抱っこひもで出かける際には、ママが帽子や日傘等を使って日陰を作ってあげるようにしましょう。

 

 

赤ちゃんの肌は思っている以上にデリケートにできています。もしもママやパパが日焼けに弱いタイプであれば、特に気を付けてあげましょう。

 

(Photo by://www.ashinari.com/2014/04/04-387929.php)

著者: munpuriさん

本記事は、2016-07-28掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

スキンケアに関する記事

じっとしていられない1歳児…スキンケアはどのように?ちょっとした工夫でぐんと楽に!

 1歳の誕生日を迎えるのは、あっという間でしょうか?長やっとだったでしょうか?最...

肌寒くなった秋こそ肝心!赤ちゃんのプルプルお肌を守る保湿スキンケア術

暑かった夏も終わり、段々と涼しくなり季節はすっかり秋に…。 肌寒くなってく...

スキンケアの体験談

生後2週からぽつぽつできた新生児ニキビ

子供になにかあると些細なことでも気になりますよね。生後2週間くらいから生後、新生児の間は脱皮をして、...

1歳児の湿疹の原因は乾燥だった!

現在、幼稚園年少と2歳児の2人の娘っ子の育児奮闘中です! 今回は、現在2歳の次女が1歳の冬、湿疹で...

カラダノートひろば

スキンケアの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る