カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 育児・子供の病気 >
  3. 睡眠(ねんね) >
  4. 0~3ヵ月 >
  5. 環境・リズム >
  6. 赤ちゃんがもうすぐやってくる!春生まれベビーのお部屋づくり

育児・子供の病気

赤ちゃんがもうすぐやってくる!春生まれベビーのお部屋づくり

 

1日の大半を家の中で過ごすことになる生まれたての赤ちゃん。赤ちゃんが来るのが待ちきれずにそわそわしているけど、赤ちゃんを迎える準備がこれで良いのか不安、というママも多いはずです。今回は春から初夏にかけて生まれる赤ちゃんを迎える、お部屋づくりのヒントをご紹介します。

 

 

1.心地よい温度・湿度をキープする

 

赤ちゃんは大人ほど体温調節機能が発達しておりません。そのため暑ければ大量の汗をかいてしまうし、寒ければ冷え切ってしまいます。そんな赤ちゃんのためには、常に心地よい温度と湿度を保つことが大切です。室温の目安は25度から28度で、エアコンの風が赤ちゃんに直接当たらないようにしましょう。また、適切な湿度は50%から60%と言われています。エアコンによる乾燥が気になるようであれば、加湿器を使用することも考えましょう。加湿器を使用する場合にも、スチームが赤ちゃんに当たりすぎることは避けましょう。

 

2.ベビーベッドは赤ちゃんスペースとして最適です

 

家が和室だったりスペースが狭かったりすると布団だけで生活する方が良いと思いがちですが、ベビーベッドは単なる寝るスペースというわけではありません。床に舞うほこりやゴミから赤ちゃんを守ってくれるうえに、布団のムレも防止してくれます。迷っているのであれば、是非用意したほうが良いベビーグッズです。ベッドを置く際には、直射日光を避けるため窓際は避けましょう。窓際に置いておくと、夕方にかけて気温が下がってしまうことも赤ちゃんにとって良くありません。

 

3.アレルギーの元を避ける

 

ぜんそくやアトピー性皮膚炎などのアレルギーから赤ちゃんを守るため、アレルギーの元となるようなものは避けましょう。ぬいぐるみやカーテンなど埃がたまりやすいものはこまめに掃除し、ペットがいるおうちではペットの毛が舞わないように心がけましょう。

 

(Photo by://www.ashinari.com/2013/06/10-379033.php)

著者: munpuriさん

本記事は、2016-07-28掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

環境・リズムに関する記事

夜中のギャン泣きで眠れない!夜泣きの原因とママができる対処法

一度泣きだすとなかなか泣き止まない夜泣き。あまりにもギャンギャン泣かれるとマ...

あなたは添い寝派?欧米式一人寝派?それぞれのメリットは?

日本では添い寝をする家庭が多く、ベビーベッドを用意したけれど結局添い寝でしか寝て...

環境・リズムの体験談

夜間、動く息子。冷え対策

1ヶ月ごろからでしょうか。手足に力が付いてきて器用に布団をはぐようになりました。 この寒いのに・・...

赤ちゃんの生活リズム&昼夜の区別をつけるコツ

新生児の頃は昼夜が関係無い赤ちゃん。そこからどうやって昼夜の区別が付いていったか、どのように寝かしつ...

カラダノートひろば

環境・リズムの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る