カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノートTOP >
  2. 育児 >
  3. 保育園・施設 >
  4. ベビーシッターの上手な利用法*ママのリフレッシュにも活用!

育児

ベビーシッターの上手な利用法*ママのリフレッシュにも活用!

  

育児は楽しいものでも、時には人に頼りたくなったり一人の時間が欲しくなったりするものです。そんな時、ベビーシッターを活用するのはいかがでしょうか。日本では「ベビーシッター」という言葉は広まっているものの、利用についてはまだそれほど一般的ではありません。どんな時にどのように利用するのが賢い利用方法なのでしょう?

 

こんな時はベビーシッターを呼んでみよう! 

既にベビーシッターを子育てに活用しているママたちは、こんな時にベビーシッターを呼んでいます。

 

【一時保育として使う】

上の子供が病気で入院、友人の結婚式、急な弔事など一時的に子供を預けたい事態というのは意外と頻繁にやってきます。

 

【子育てのリフレッシュとして】

夫婦の結婚記念日やママの誕生日は、久しぶりに恋人同士に戻りたい!というご夫婦も多いはず。ママの美容室のためにベビーシッターを呼ぶ、という人もいます。

 

【産後ケア】

産後のサポートを実母に頼めない状況になった時、ベビーシッターに頼むことも可能です。赤ちゃんのお世話はもちろん、お母さんのお手伝いをお願いできるプランもあります。

 

【病後児保育】

子供が病気になった時、保育園には行けません。会社を休める日数にも限界があるのが通常です。

 

【下校後からお留守番までのケア】

保育園のお迎えには行けないけれど、少しお留守番してもらえれば帰ってこられるというママさんも多いはずです。

 

【双生児育児のサポート】

双子の育児の場合、まだ赤ちゃんの時にはママは本当に大変です。1人の沐浴の間だけでも誰かがいてくれたら、そんな時にベビーシッターをお願いできます。

 

こう見てくると、「こんな時にも呼んで良いの?」と感じるママも多いと思います。まずは一度、リフレッシュのために呼んでみても良いかもしれません。

 

シッター選びは慎重に 

インターネットで簡単に申し込めるのは便利ですが、子供との相性を見るためにもやはり、一度打ち合わせの機会を設けてくれるような会社を選びましょう。また、シッターの資格の有無や経験年数等もしっかり確認しましょう。

(Photo by:http://www.ashinari.com/2011/01/07-344596.php)

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-07-28掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

保育園・施設に関する記事

保育園、幼稚園での負担?子どものストレスに気がついたら

春に幼稚園や保育園に入園したお子さんは、園での生活に慣れてきた頃ではないでしょ...

保育園以外での保育サービス♪子どもを預かってくれるさまざまな保育施設を知ろう

「仕事を始めたい!…でも子どもを預けないと始められない」というママの悩みは現代...

保育園・施設の体験談

育休はいつまで?仕事に復帰できない!?

産休から育休に入り、毎日必死に子育てと家事に専念。 気が付けば、もう保育園を探す時期。 0歳...

一歳から保育園へ入園

育児休暇が終わり一歳になった娘を保育園に入園させました。 本当は3歳くらいまで自分でみてやりたかっ...

カラダノートひろば

保育園・施設の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る