カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. ガン・悪性腫瘍 >
  3. 食道がん >
  4. 0期~Ⅳ期まで、食道がんのステージについて

ガン・悪性腫瘍

0期~Ⅳ期まで、食道がんのステージについて

 

食道とは気管との分岐点から胃の入り口までの一本のパイプ状の臓器です。食道はその場所によって頚部食道、胸部食道、腹部食道の3つに大きく分けることができ、日本人の食道がんの約9割は胸部食道にできます。

 

がんにおいて重要な要素が進行度を表すステージです。ステージは食道がんの診断をする際にも非常に重要ですし、治療を進めていく上で治療法を決定したり、予後を推定したりする上でも重要です。

 

0期

…きわめて初期の食道がんで、がんは粘膜上皮にとどまっており、リンパ節、多臓器、胸膜、腹膜にがんが認められないものです。

 

Ⅰ期

…がんは粘膜にとどまっているけれども、近くのリンパ節に転移が認められる。

あるいは、粘膜下層まで浸潤しているがリンパ節や多臓器、胸膜、腹膜にがんが認められない。

 

Ⅱ期

…がんが筋層を超えて食道の壁の外側にわずかにがんが出ていると認められる。

あるいは、食道のがん病巣のごく近くに位置するリンパ節のみにがんがあると認められる。

かつ臓器や胸膜、腹膜にがんが認められない。

 

Ⅲ期

…がんが食道の外に明らかに出ていると認められる。

食堂壁に沿っているリンパ節か、あるいは食道のがんから少し離れたリンパ節にがんがあると認められる。

かつ多臓器や胸膜、腹膜にがんが認められない。

 

Ⅳ期

…がんが食道周囲の臓器におよんでいるが、がんから遠く離れたリンパ節にがんがあると認められる。

あるいは多臓器や胸膜、腹膜にがんが認められる。

 

この進行度分類は、日本食道学会の規約に基づいて進行度分類です。日本ではこれの他に国際的な分類である病期分類も使われることがあります。

 

これらのステージは患者さんの身体所見や、手術時の所見、検査結果などによって判断されます。

 

(Photo by: [//www.ashinari.com/2009/05/07-018948.php?category=393])

著者: Roddyさん

本記事は、2016-07-28掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

食道がんに関する記事

日本で多い食道がんについて知ろう!

  日本で多く見られるがんのひとつに食道がんがあります。食道の内面は食べ物が通...

食道がんと確定したら〜治療方針を決める為に重要なTNM分類

  さまざまな検査を経て食道がんであるという確定診断が出た場合、治療方針を...

カラダノートひろば

食道がんの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る