カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. ガン・悪性腫瘍 >
  3. 食道がん >
  4. 日本で多い食道がんについて知ろう!

ガン・悪性腫瘍

日本で多い食道がんについて知ろう!

 

日本で多く見られるがんのひとつに食道がんがあります。食道の内面は食べ物が通りやすいように粘膜で覆われていますが、その内面の粘膜から発生したがんは、大きくなると粘膜下層に広がっていき、さらに広がるとその下の筋層に入っていきます。そしてさらに大きくなると食道の壁を貫いて食道の外に広がっていきます。

 

年齢と共に上がる食道がん

多くのがんと同じく、年齢が上がっていくにしたがって発症率が上がっていきます。食道がんに関して言えば罹患率、そして死亡率共に40代後半以降に増加しはじめます。特に男性は女性に比べると急激に増加していきます。最も多いのが60代です。

 

女性より男性

食道がんは圧倒的に女性よりも男性の方が罹患率、死亡率共に高く、その数は5倍以上とも言われています。

 

死亡率、罹患率の推移

疾患の死亡率や罹患率の数の推移は戦後大きく変化する傾向がありますが、食道がんの死亡率は男性では戦後でも大きな変動はなく、近年は減少傾向にあるようです。また女性では60年代後半から80年代後半にかけて急激に減少し、近年は緩やかな減少傾向にあります。一方で罹患率に関しては、男性は75年以降は増加傾向にあり、女性は75年から80年代後半まで減少傾向にありましたが、その後明らかな増減はありません。

 

国際比較

食道がんの罹患率を国際社会の中で比較すると、日本は他のアジアの国や、アメリカの日本人移民に比べて高い傾向にあります。南ブラジルやウルグアイでは食道がんが多く見られる傾向があるのですが、ここでは熱いお茶を飲む習慣があります。同じように日本をはじめ、中国や台湾でも熱い飲食物を摂取する傾向があり、こうした食習慣がリスク要因になっていることが推定されます。

 

食道がんの原因で確定的なことは分かっていませんが、生活習慣が大きな影響を与えているという見方が大きいようです。

 

(Photo by: [//www.ashinari.com/2008/12/21-012059.php])

著者: Roddyさん

本記事は、2016-07-28掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

オススメ検索ワード

食道がんに関する記事

0期~Ⅳ期まで、食道がんのステージについて

  食道とは気管との分岐点から胃の入り口までの一本のパイプ状の臓器です。食道は...

カラダノートひろば

食道がんの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る