カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 介護・認知症 >
  3. 認知症 >
  4. アルツハイマー >
  5. 症状 >
  6. 認知症の症状と周囲のかかわりについて考える~認知症を支える介護~

介護・認知症

認知症の症状と周囲のかかわりについて考える~認知症を支える介護~

 

   

全国の65歳以上の高齢者が約3079万人。そのうち、認知症患者は全国推定で約462万人となり、高齢者の15%が認知症患者であると厚生労働省の調査で発表されました。認知症とは、どんな病気で、どう対応したらよいか、認知症専門の病院や施設はどんなところかを理解していきましょう。

 

 

 (認知症の原因)

 

老いに伴う病気の一つであり、様々な原因で脳の細胞が死んでしまったり、働きが悪くなることで、記憶判断力・理解力低下し、今まで当たり前にできていた事ができなくなり、日常生活に支障が出てきてしまいます。以前は、認知症といえば加齢による脳の病気と言われてきましたが、最近では若年性認知症といい、働き盛りの40代や50代の若い年代でも認知症を発症するケースが増えてきています。

 

 (認知症の種類)

 

認知症にも種類があります。脳梗塞や脳出血などによって、神経細胞が死に記憶障害や言語障害がみられる「脳血管性認知症」があります。記憶障害も脳の損傷した一部が欠損することで起こります。パーキンソン症状を伴う認知症に、「レビー小体型認知症」もあります。この2つの認知症では比較的早い段階で、運動障害が見られ歩行障害ADL(日常生活動作)の低下が見られます。認知症の中でも一番多いのが、物忘れ(記憶障害)から始まり、自分がしたことの記憶そのものがなくなってしまう「アルツハイマー型認知症」です。進行性の病気のため、重度になると、ご飯の食べ方、衣類の着方、自分が話したことも全て忘れてしまいます。一人では何もできなくなり、目が離せない状態になってしまう事も少なくありません。アルツハイマー型の特徴としては、初期の段階では一見、普通の老人と見分けがつかないことです。運動障害は殆ど見られないため歩行もしっかりしており、周囲の人から見れば挨拶などの会話は普通にできるので、認知症だと気づかないことが殆どです。

 

(認知症の介護について)

 

認知症の介護は、先の見えない不安ストレスで介護者の精神的負担が大きくなります。まず大切なのは認知症の早期発見をし、少しでもおかしいな?と思ったら周囲に相談することが大切です。まずは、地元の認知症の専門医に相談をしましょう。認知症の専門の外来には「物忘れ外来」や「認知症外来」があり、認知症の検査をします。最近では、認知症の進行を遅らせる新薬やパッチ(張るタイプの薬)など、様々な薬があり、早期の場合は治る認知症もあります。次に、市区町村の介護保険課地域包括支援センターに相談しましょう。認知症は進行していくため、長期の介護が予測されます。介護サービスを積極的に利用することで、介護負担が大幅に軽減されます。介護者自分の時間をきちんと持つことで、ストレスを溜めないようにする事が大切です。また、最近では地域で認知症を支えるサポート体制が作られ、全国で認知症サポーターが活動しています。地域で認知症を支える取り組みとして、認知症対応型のデイサービス(日帰り)ショートステイ(お泊り施設)もあり、自宅で介護が難しくなった場合は、認知症高齢者グループホームの施設への入所もあります。施設へ入所というと、あまりいいイメージがないという人も少なくないと思います。しかし、グループホームは、住み慣れた地域で、そこで働く職員の方と一緒になって、洗濯や掃除、ご飯作りや配膳など、日常生活の家事共同で行います。高齢になる程、役割を持って生活することが難しくなってきます。特に女性の方は、今まで家事をしていた経験を生かして、「自分にできることがあるんだ、まだまだ自分もやればできるんだ!」と生き生きとする方もいます。様々なアプローチが脳の刺激になり認知症の進行を遅らせたり、活気のある生活を取り戻すことにも繋がります。

 

 

  

一人ひとり違った人格、今まで歩んできた人生、様々な背景があります。まず、第一に考えることは、その人個人の生き方を尊重し、認知症だからできないのではなく、認知症でも周囲の温かい声掛け見守りがあれば、普段の日常生活を送ることができるということです。まずは、私たちが正しい知識情報を身につけ病気をきちんと理解し、本人の不安な気持ちを受け止め、住み慣れた地域安心して暮らせるようサポートしていける体制を整えて行くことが必要です。

 

(写真: //www.ashinari.com/2010/11/02-341669.php?category=52

著者: hanapoohさん

本記事は、2016-07-28掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

症状に関する記事

アルツハイマーの症状、記憶障害…記憶障害の現れ方とは?記憶のメカニズムを知ろう

記憶障害を考える前に、まずは「記憶」というものがどうやって行われているのかを知り...

実行機能障害とは

認知症の症状の1つに「実行機能障害」と言われるものがあります。これは「目標の設定...


長期記憶と短期記憶

長期記憶と短期記憶を理解しましょう 認知症高齢者を知る上で理解しておいた方が良...

中核症状と周辺症状!アルツハイマー型認知症の症状

      アルツハイマー型認知症は大きく分けて2つの症状があります。どん...

カラダノートひろば

症状の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る