カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 介護・認知症 >
  3. 認知症 >
  4. アルツハイマー >
  5. 家族 >
  6. 対応の仕方 >
  7. 陥りやすいトラブルって?アルツハイマー型認知症の症状と対応について

介護・認知症

陥りやすいトラブルって?アルツハイマー型認知症の症状と対応について

 

 

みなさんは、「認知症」という言葉を一度は耳にしたことがあると思います。高齢化が進み、認知症という言葉を知らない人がいないくらい、知っていて当たり前の病気になっています。では、「認知症ってどんな病気?」と聞かれて症状を正しく理解している人がどのくらいいるでしょう?年をとって呆けた状態(ひどい物忘れ)の事を認知症っていうんでしょう、と思われている人が多いのではないでしょうか。今回はアルツハイマー型認知症について、どんな症状で、どんな対応をしていけばよいか考えてみましょう。

 

 (アルツハイマー型認知症ってどんな病気?)

 

アルツハイマー型認知症=神経変性疾患。脳の神経細胞が欠落し、脳の機能がだんだん低下、だんだん委縮して行くことで認知機能が衰えていく病気です。認知機能とは、判断力理解力などの知的機能の事です。その機能が徐々に失われていくことで、見当識(場所や時間を認識すること)・記銘力(体験したことを覚える力)に障害がおこります。見当識障害の症状としては、

 

1.自分が今どこにいるか分からない(自宅にいるのに家に帰らないといけないと言い、落ち着きがなくなる)

 

2.今が朝なのか夜なのか分からない(時計が読めないので夜でも動き回る)

 

などがあります。記銘力の低下により、自分が直前にしていたこと(ご飯を食べた事、話したこと等)全て忘れてしまいます。これは、記銘力が低下することで、記憶として残らないため、本人にはご飯を食べたという行動もリセットされ、行為そのものがなかったことになるからです。このように、記憶そのものがなくなってしまうため、人のせいにする事も増えて、それが原因で介護者とのトラブルが多くなってきます。

 

(具体的な症状と陥りやすいトラブルについて)

 

まず、一番トラブルになるのが、身近で一生懸命に介護をしている人です。本人は記憶を失い不安が大きくなってきます。その中で必死に記憶を辿っていこうとしますが、記憶そのものがなくなるため、結局は「嫁が隠した、息子がご飯を食べさせない、殺そうとしている。」など被害妄想が出現します。

一方、家族は、「こんなに一生懸命にお世話をしているのにひどい。何回言っても聞いてくれないし、同じことばかり言って、いい加減にして。」という気持ちがトラブルを起こすきっかけになってきます。たとえ口喧嘩になったとしても、本人は、相手に対して言ったことも忘れてしまうので、次の瞬間には態度が一変して何事もなかったような態度になるため、初期の段階では、「バカにされているのでは?」と思うことがあるかもしれません。特に几帳面、何事にも一生懸命になる、思いつめるタイプの人が認知症の人を介護をすることで、過度にストレスがたまり、精神的に侵されノイローゼといった病気を発症してしまいます。

 

 

アルツハイマー型認知症の症状を知ることで、病気のせいでこのような状態になっていることを理解し、気持ちを整理することでトラブルを防ぐきっかけにしてほしいと思います。また、思いつめる前に病院の先生に相談する、介護保険を利用して、家族の介護負担ストレス軽減することは、長期にわたって介護をするためには必要になってくると思います。また、認知症の家族の会など、同じ悩みを持つ家族の集会などに参加し、いろいろな体験談や対処法を聞くこと、認知症という病気を正しく理解し、一人で抱え込まず、周囲の協力を得ることが大切だと思います。

 

(写真://www.ashinari.com/2012/09/13-369846.php?category=226

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-07-28掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

対応の仕方に関する記事

こんな工夫があったんだ!アルツハイマー型認知症の介護術

    アルツハイマー型認知症の介護をすることは、とても大変です。自宅で介護...

認知症患者から日常や自信を奪うことは認知症悪化につながる!ではどんなサポートをするべき?

 認知症患者がいる家族はたしかに大変です。認知症による様々な苦労があることでしょ...


ただ触れるだけで癒し効果

  赤ん坊は母親から触れられるだけで大きな安心感を得ます。このようにただ触れるだ...

周囲のサポートが大切な認知症…でも過保護になりすぎるのも× 正しく見守るためには?

  認知症は周囲のサポートが重要ですが、だからといって過保護になりすぎてもいけま...

カラダノートひろば

対応の仕方の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る