カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノートTOP >
  2. 美容・ダイエット >
  3. 目指せ美脚!むくみがとれるかっさマッサージ!リンパマッサージの正しい順番!

美容・ダイエット

目指せ美脚!むくみがとれるかっさマッサージ!リンパマッサージの正しい順番!

 

テレビでもおなじみの芸能人なども愛用していることで知られる”かっさ”は元々中国から伝わったものです。

グァシャ療法という2500年前から存在する民間療法で、そこに使われる道具がかっさプレートです。

 

かっさマッサージで美脚になる

かっさを使うとむくみが取れるのにプラスして全身の血流が良くなって、冷えが解消します。

総合的に見ても痩せやすい体になれることはかっさマッサージならではのメリットと言えます。

 

では、美脚になれるかっさマッサージの方法を紹介します。

1. 足の指からくるぶし付近までかっさでさすりあげる

2. くるぶしの内側(足側)から外側(かかと側)に向かって円を描くようにかっさを動かす

3. 足首からひざの裏までかっさでさすりあげる(全ての部分をしっかりさすりあげる)

4. ひざ裏のリンパ節をかっさの細い部分で刺激する

5. ひざから太ももまでをかっさでさすりあげる

6. 太もものリンパ節をかっさで刺激して終了

 

オイルやクリームの使用が基本

かっさマッサージをするときにはオイルやクリームを使って行うのが基本です。かっさでさすりあげることによって摩擦が起きるので肌が傷つく可能性があり、つやつやとした肌を守るためにクリームやオイルで滑りをよくしたほうが良いのです。

 

市販のボディクリームやボディオイルで問題ないので、自分の好きな香りや使い心地のものを探してみてください。

 

かっさマッサージは中国から伝わってきた民間療法をアレンジしたもので、かっさプレートはバラエティショップやドラッグストア、インターネットショッピングサイトなどで販売しています。

最近では体用のかっさプレートも多いので、足のマッサージ専用のものを買って使うことをおすすめします。

 

ペットボトルを使って美脚マッサージ

セルライトとは、うまく体外に排泄されなかった老廃物が蓄積し、脂肪と絡まりあって固くなったもののことを言います。このセルライトは血行が悪くなりがちな脚に多く、皮膚の近くに存在するので簡単に目にできてしまう分厄介です。通常の脂肪細胞であれば運動などによって消費されますが、セルライトは運動をすることだけでは解消されません。 

 

セルライト除去

セルライトの除去方法としてはマッサージが効果的です。それ専用の道具も多く販売されていますし、何もなくても体一つでできるマッサージ方法もたくさんあります。そこで、ここではペットボトルを使ったマッサージ方法をご紹介します。

 

ペットボトルマッサージ法

自宅でマッサージするとなると、案外上手にできていない人も多くいて、効果の出にくいマッサージをやり続けている人もいるようです。しかしこのペットボトルを使ったマッサージは非常に簡単です。

 

・ペットボトルを用意

できれば2Lのペットボトルくらい重さを確保できるものが良いです。

 

・ペットボトルにぬるま湯を入れる

用意したペットボトルに38度くらいのお湯を入れます。水では意味がありませんので必ずお湯を入れて下さい。38度くらいであればお風呂のお湯でもよいですよね。肌にあてたときにじんわり温かくなる温度がベストです。

 

・ペットボトルを押し転がす

セルライトが気になるふくらはぎや太ももに、このペットボトルを押し当てて下から上に転がします。脚のまわりをまんべんなく刺激できるとよいです。イメージとしてはめん棒をつかって生地をこねているような感覚です。

 

ペットボトルを使用することによって、押し当て転がすだけでセルライトを小さく「つぶす」と「流す」の二つが一つの動作で出来るようになります。また、お湯によって温めながら行っているのでセルライトがつぶれやすく、流れやすくもなります。 

 

セルライトはつぶして流しただけでは排泄されません。セルライトを流した後はひざや脚のつけ根などの関節部分を指圧して排泄を促してあげてください。あるいはそのまま有酸素運動を行っても同じ効果が得られます。

 

寝たままでできちゃう太ももエクササイズ♪

運動が大事なのはわかっていても改めて時間を取って運動するのはなかなか難しい場合もあります。そんな方におすすめしたいのが寝たまま運動するという方法です。用意するのはクッション・タオルだけです!

 

寝る前、起きて少し時間があるときなどに簡単に運動できます。

 

クッションで美脚を作る!

用意するのは少し厚みのあるクッションだけ、あとは布団に仰向けに寝てスタートする簡単エクササイズです。

 

1. 仰向けに寝た状態で膝を折り、膝の間にクッションを挟む

2. 腕は余計な力が入らないように、体の横に置く

3. 目線は真上にする

4. 息を吐きながら太ももとお尻に力を入れてお尻を床から離す

5. 背中からひざが一直線になるように注意しながら10秒キープ

6. を吸いながら元の体勢に戻る

7. 5と6を10回繰り返して終了

 

腰や背中を反り過ぎないように注意しながら行ってください。

 

タオルで美脚を作る

少し長めのタオルを用意してください。特段体が大きくないのであればフェイスタオルで十分です。

 

1. 仰向けに寝て膝を少し曲げる

2. 目線は真上にする

3. 両手にタオルを持って片方の足裏にかける

4. 息を吐きながら膝を伸ばして、足を上に押し出すようにする

5. そのまま息を吐きながら太ももの裏が伸びていることを確認し、10秒キープ

6. 息を吸いながらタオルをかけた体勢に戻す

7. 片足につき15回ずつ行って終了

 

忙しいときにも簡単にできるのが、寝たまま行う太もものエクササイズです。

クッションを足に挟んで行うエクササイズでは何も挟まないで行ってもOKですし、平たいぬいぐるみなどでもよいです。

 

また、どのエクササイズにしても、力を入れて体を動かすときには息をゆっくり吐くようにしてください。息を止めずに、筋肉を緊張させすぎずに行うことが重要です。

 

目指せ美脚!脚リンパマッサージの正しい順番

美脚のためには脚に滞りがちな老廃物や毒素をリンパ液にのせて流し、きちんと排泄することが重要です。これらの老廃物や毒素を体内にためてしまうと、例え脚が細くてもセルライトをため込んだ足になってしまう危険がありますし、老廃物をためやすい体は太りやすさも招きますので注意が必要です。 

 

リンパマッサージ

リンパの流れにのせて老廃物を排泄するように促すには、リンパマッサージが有効です。リンパの流れよくすることは老廃物蓄積の予防をすることに加え、血行が良くなり足の冷えなどにも効果を発揮するため、女性にとってはいいことだらけです。

 

ふくらはぎ

<しぼる>

まずはふくらはぎを両手でつかんで、脂肪をぐにぐにと揉みます。ちょうどぞうきんを絞るような格好になりますが、あまり強くやりすぎると皮膚に負担がかかりますので、脂肪を揉みほぐす目的で行います。

 

<流す>

ふくらはぎを揉んだら足首からひざに向かって、グーの状態にした手で、脂肪を押し上げるようにして強めにさすります。このとき肌を傷つけやすいので、クリームなどを塗って行って下さい。

 

<ひざ>

ふくらはぎから流してきたものをひざの裏に入れます。ひざ裏に指を入れてギュッと押してあげます。押すときの力は心地よいくらいでよいです。このとき同時に足首を動かしたり、ふくらはぎの筋肉を動かすとさらによいです。

 

<太もも>

太もももふくらはぎのマッサージと同様に「しぼる」「流す」を両脚に対して行います。

 

<足のつけ根>

最後に太ももから流してきたものを脚のつけ根に入れこむようにして、指で押します。

 

リンパマッサージは老廃物蓄積の予防としても効果がありますし、老廃物がたまってしまっている状態でも一定の効果を期待できます。美脚を目指すからにはリンパマッサージは外せない項目だと言えるでしょう。

美脚マッサージでアザが!脚のマッサージと内出血について

 足やせのマッサージで足がアザだらけという話をしばしば聞きます。セルライトを解消するためなど、それなりの効果あるのかもしれないですが、美脚のためのマッサージで、脚にアザができては元も子もありません。 

脚のマッサージと内出血についてまとめました。 

 

内出血を起こしやすい脚の状態

脚のむくみやセルライトの解消法としてマッサージをする場合、脚は内出血しやすい状態にある点に留意してください。

 

足にたまった老廃物やセルライトは、細胞を圧迫しています。そこにマッサージによる圧力が加わると、簡単に内出血を起こしてアザができます。老廃物がたまっている脚は新陳代謝が不活発なのでアザの治りも遅れがちでしょう。

 

力加減に注意

マッサージで内出血ができる場合、ほとんどが力の入れ過ぎが原因です。強い力をかけ過ぎて筋肉などを損傷すると、内出血を起こします。

 

マッサージ後に筋肉の張りや違和感があれば、それは力の入れ過ぎでしょう。 

 

揉み方にも問題あり

セルライト解消には、セルライトをひねりつぶすようにマッサージするのが良いといわれます。そのため、太ももや臀部をひねりながら揉み、内出血を起こしてしまいます。揉むだけではなくひねる動きも加わると、組織を傷めてしまうので内出血のリスクが高くなります。

 

気になる部分を集中して揉み続ける、叩き揉みも内出血の一因です。 

 

内出血を起こさないマッサージ法

筋肉がこわばっている状態で力を加えると負担が大きいので、入浴や足湯で血行を良くしてからマッサージを行いましょう。毎日同じ部分を揉み続けるのではなく、日によって揉む部位を変えるのもお勧めです。

 

力加減には十分留意してください。  

美容のためにもマッサージによる内出血を予防しましょう。

 

(Photo by: http://www.ashinari.com )

著者: カラダノート編集部

本記事は、2017-04-27掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

美容・ダイエットに関する記事

メイクをするのはお肌に負担?化粧は老化の悪習慣となるの??

現代では、お化粧をするのも身だしなみの一つとなっており、お化粧せずに人に会う...

女性に嬉しい効能をたくさん持つドライフルーツ「デーツ」とは?デトックスってそもそも何?

昔から人々の知恵として、干し野菜などが保存食として重宝されてきました。今では...


セックスでアンチエイジング

    えっ?!本当に?と驚かれるかもしれませんが、真剣なお話で、もちろん本...

その靴ずれ・水ぶくれ・ガサガサかかとどうする??足の裏のゴリゴリ・・それは老廃物かも!足湯・手湯でお家で簡単健康法

「靴ずれで、かかとや指に水ぶくれができてしまった!」だれしも一度は経験がある...

カラダノートひろば

美容・ダイエットの記事ランキング

人気体験談ランキング

美容・ダイエットのひろば閲覧ランキング

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る