カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. 感染症 >
  4. その他 >
  5. ペットから感染!猫ひっかき病の症状とタイプとは?

気になる病気・症状

ペットから感染!猫ひっかき病の症状とタイプとは?

猫ひっかき病とは、猫に引っ掻かれたり噛まれたりした時に、傷口から「バルトネラ・ヘンセレ」と呼ばれる細菌が侵入し、リンパ節の腫れや発熱、湿疹などの症状を引き起こす病気です。また、この病気は動物のダニやノミによっても感染します。

この病気の症状は「定型的・古典的病型」と「非定型的病型」の2タイプに分けられます。

 

◆定型的・古典的病型

多くの猫ひっかき病患者に見られるタイプです。

引っ掻かれてから数日後、その部位に赤紫の丘疹が現れます。特に治療しなくても、1~2週間で治ります。

その後、傷を受けてから2~10週間後に痛みを伴うリンパ節の腫れが現れます。同時に、発熱や全身の倦怠感、全身的な痛みなどが現れることもあります。

 

◆非定型的病型

少数派ですが、全体の5~10%に起こるタイプです。

脳神経症状、眼腺症候群、細菌性血管腫、心内膜炎などの症状が現れることがあります。多くの場合はこれらの症状が現れても完治しますが、免疫機能が低下している人の場合重症化し、最悪の場合死に至るケースもあります。

 

症状に心当たりがあり、猫を飼っているか、猫による傷を受けたことがある場合は猫ひっかき病である可能性があります。皮膚科や内科を受診しましょう。

 

(photo by //www.ashinari.com/2012/09/28-370893.php)

著者: てたもさん

本記事は、2016-07-28掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

その他に関する記事

冬に流行する感染症~重症化しやすい?高齢者は要注意「RSウイルス感染症」とは?

  毎年11月頃から流行の兆しをみせるRSウイルスですが、今年も今の時期では調...

敗血症の合併症を予防する?急性期の『血液浄化装置』とは?!

敗血症が重症化する背景には、免疫細胞から過剰に産生されるサイトカインの存在や、...


妊娠してもペットを飼えるか不安…気をつけるべき感染症と解決法は?

ペットを飼っている人が妊娠した場合、気をつけたいのが「人畜共通感染症」です。...

敗血症を予防するには何が効果的なの?

  敗血症、別名「全身性炎症反応症候群」という疾患を耳にした事はありません...

カラダノートひろば

その他の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る