カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. ガン・悪性腫瘍 >
  3. 食道がん >
  4. 治療 >
  5. 再建には小腸を使う?各食道がんの切除治療方法について

ガン・悪性腫瘍

再建には小腸を使う?各食道がんの切除治療方法について

 

がんは進行してしまうと転移が広がってしまって、元々生じた場所のがんを切除するだけでは意味がありません。逆に他の場所に広がっていない段階のがんならば、病変部分を切除することは根本的な治療法として最も一般的です。

 

食道がんにおける外科的治療

食道がんにおいても多くの場合で切除という方法は一般的な治療法です。手術では、がんの部分を含めて食道を切除し、同時にリンパ節を含む周囲の組織も切除します。その後、食べ物の通る新しい道を再建します。食道がんは発症する場所によって頚部、胸部、腹部にわけられ、それぞれの発生部位によってがんの進行状況が異なりますので、選択される術式が変わってきます。

 

頚部食道がん

…がんが小さく初期の場合は、のどと胸の間の頚部食道のみを切除します。切除した場所の再建には小腸の一部を移植します。一方、のどの近くまで広がったがんでは、頚部食道と共に喉頭を切除し、小腸の一部を移植します。この場合、喉頭を切除するので声が出せなくなります。

 

胸部食道がん

…この場合原則として胸部食道を全て切除し、同時に胸部のリンパ節も切除します。切除のために右側の胸を開きますが、胸腔鏡を使って開胸なしで切除する方法も近年では選択されるようになっています。切除した後は、胃を引き上げて残っている食道とつなぐか、大腸あるいは小腸を使って道を再建します。

 

腹部食道がん

…この場合、切除のために左側の胸を開き、食道の下部と共に胃の噴門部を切除します。左側の開胸による手術は胸部の食道がんでも行われることがあり、肺機能の悪い人にも行われます。

 

外科的手術は根本的な治療ですが、この切除治療のみで行われるのではなく、他の治療法と組み合わせながら治療が進められます。

 

(Photo by: [//www.ashinari.com/2009/07/23-025049.php?category=279])

著者: Roddyさん

本記事は、2016-07-29掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

治療に関する記事

食道がんで納得のいく治療法を!〜セカンドオピニオンとは~

  食道がんと診断されると病気や治療方法について詳しい説明を受け、治療方針...

早期に治療をすれば生存率80%以上?!食道がんでの生存率

  食道がんは、他の臓器に比べ丈夫な膜に覆われていなため進行の速度がはやく...


肋骨を切ったり胸や喉を開くことも!!食道がんで行われる手術の流れ

  食道がんでは、ごく早期の0期では「内視鏡的切除術」による治療が適応され...

最後は根治困難、食道がんの各ステージでの治療方法

  熱いお茶などを飲む習慣がある日本は食道がんの発生率が国際的にみても高く推移...

カラダノートひろば

治療の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る