カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 女性のカラダの悩み >
  3. 生理・月経 >
  4. 下痢・便秘 >
  5. 生理中なのに下痢が多い…もしかして、生理中に下痢が起きやすくなる病気、子宮筋腫!?

女性のカラダの悩み

生理中なのに下痢が多い…もしかして、生理中に下痢が起きやすくなる病気、子宮筋腫!?

 

生理中に下痢になることは女性の生理中の症状の中でも珍しいことではありません。

プロスタグランジンという子宮収縮物質の働き、消化機能が弱っているなどの理由があるので、生理中の下痢は大事になっていなければ心配は要りません。

一方で、生理中に下痢が起きやすくなる病気である子宮筋腫には注意が必要です。

 

●子宮筋腫と下痢

子宮筋腫で下痢が起きやすくなるのは、大きくなってしまった子宮筋腫が子宮を収縮させるからです。

子宮が収縮すると関連する場所にある腸の筋肉も収縮し、生理中の下痢と同じように下痢が引き起こされます。

このメカニズムから言うと、子宮筋腫ではいつ下痢が起きてもおかしくないのです。

ただ、生理中は普段よりもともと下痢が引き起こされやすいという点を考えると子宮筋腫があると生理中の下痢がますますひどくなる可能性があります。

 

●経血や生理痛からも子宮筋腫の可能性をチェック

子宮筋腫になると月経のときの経血量が多い、生理痛がひどいなどの症状も見られます。

通常であれば3日目くらいまでには経血量が落ち着いてきますが、それ以降も経血量が多い、それまでの経血量でトイレがとても近くなるなどがあれば子宮筋腫の疑いがあります。

また、生理痛で起きてもいられないほどというのは子宮筋腫でなかったとしても何らかの病気の可能性があるので病院へ行ってください。

 

●手術や薬で治療

子宮筋腫が見つかったとなると次は治療についてですが、基本は薬や手術での治療となります。

子宮筋腫がそれほど大きくなければ一旦治療はせず、これ以上腫瘍を大きくしないように食生活や普段の生活に気をつける方法を採用する医師もいます。

 

良性の腫瘍(がんではない腫瘍)である子宮筋腫は子宮を収縮させる働きがあることから、生理中の下痢をよりひどくすることもあります。

子宮筋腫は成人女性の2-3割は持っているポピュラーな病気で、治療法もしっかり確立されているので病院で正しい治療を受けて治しましょう。

 

(Photo by: [//www.ashinari.com/2012/12/31-374653.php])

著者: あさこすさん

本記事は、2016-08-03掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

下痢・便秘に関する記事

末端冷え症や腰痛の原因にもなることも!生理だけじゃない、美容の大敵「便秘」

  どんな時でも便秘は辛いものですよね。普段は気にならないけれど、生理前~...

生理中の便秘は解消できる?!生理痛の原因が便秘である可能性も?!

女性は生理中に便秘になってしまうことがあります。 なぜ便秘になるのでしょ...


生理が近づくと便秘から痔に…女性ホルモンよって引き起こされる不調…

月経が近づくと便秘になる…… そんなことはありませんか?これは女性ホルモンのひ...

女性にとって身近な便秘・生理通…症状が重くても軽視しがち?!たかが便秘と思わないで

  生理のときの生理痛、仕方のないことと分かっていても辛いですよね。 更...

カラダノートひろば

下痢・便秘の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る