カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノートTOP >
  2. 女性のカラダの悩み >
  3. 生理・月経 >
  4. 生理痛の鎮痛剤はいつ飲めばいい?生理中に便秘薬って飲んでOK?生理痛の原因が便秘である可能性も?!

女性のカラダの悩み

生理痛の鎮痛剤はいつ飲めばいい?生理中に便秘薬って飲んでOK?生理痛の原因が便秘である可能性も?!

生理前から生理中によくお世話になる薬といえば、鎮痛剤と便秘薬ではないでしょうか?便秘や下痢、生理痛のタイミングは人それぞれですが、おなかが痛くて、便秘もヒドイ!というときには、2つの薬を一緒に服用したいという場合もありますよね。2つの薬の飲み方や併用・禁忌についてまとめました。

 

【生理痛の鎮痛剤】選び方は?飲むタイミングは?

生理痛の重軽度や、痛みに対する強さも人によって違いますね。

生理痛で痛くて日常生活に影響がでるという場合には、我慢せずに痛み止めを服用しましょう。

痛みを我慢することでストレスを溜めて、より悪化させるよりずっと良いはずです。 

 

痛み止め市販薬を選ぶ方法

痛み止めを使用するとなると、まずは市販薬から選ぶと思います。  

しかし「生理痛に効く」とされている痛み止め市販薬にも様々な種類があります。同じメーカーでも名称が少し違うといったものまで数多くありますから、どれを選べば良いかわからない人もいるでしょう。

 

市販薬を選ぶ際に一番良いのは、ドラッグストアにいる薬剤師さんに相談することです。自分の症状を話し、アドバイスしてもらいましょう。

 

今まで使用していた薬があれば、それについても聞くことができます。

薬剤師さんはそういったことのプロですから、適切なアドバイスがもらえるはずです。 購入すると決めた薬についてもアドバイスをもらい、使用上の注意をよく読んでから服用するようにして下さい。

 

「鎮痛剤の服用が不安」

生理痛でも、できるだけ痛み止めは飲まないようにしている人もいますね。 

たしかに、ちょっとしたことですぐ鎮痛剤に頼るのはあまりお勧めしませんが、痛みがひどいのに無理に我慢する必要もありません。 

ストレスが溜まって生理痛をより悪化させることにもなりかねません。 

 

鎮痛剤を我慢してしまう理由の1つに、習慣的に痛み止めを飲むと体に耐性ができてしまって効かなくなってしまうのでは、という誤解があります。

 

しかし1ヶ月のうちに3~4日、一日2回程度の服用であればそういった心配は要りません。 基本的に用法を守っていれば問題ないはずです。 

 

鎮痛剤を飲むタイミングは?

では、どのタイミングで鎮痛剤を飲めば良いかというと、基本的に痛みが生じるより前が良いと言われています。

というのは、そもそも痛みは「プロスタグランジン」という痛みを感じさせる物質が作り出されることで生じます。 

 

このプロスタグランジンの生成を抑える働きをするのが、鎮痛剤です。

つまり生理痛でいえば、子宮の収縮でプロスタグランジンが作られる前に鎮痛剤を飲まなければならない、ということです。

 

ですから、生理前から痛む人なら生理前に、生理1日目から痛む人なら1日目に、2日目から痛む人なら2日目に、といった具合に自分の痛み方に合わせて服用するようにしましょう。

 

【生理中の便秘薬】飲んでも大丈夫?薬以外での解決策は?

生理前から生理中にかけて便秘が起きやすい人の中には、便秘薬を飲んで対処している人もいるかもしれません。

生理中に便秘薬を飲むことについては、OKという経験談や意見が多いです。

 

生理中に便秘薬を飲んでもOKな理由とは?

特に病気がなければ、便秘薬と鎮痛剤(生理痛の薬)を併用しても、特段副作用が出たりする場合がほとんどありません。

 

また、主要な便秘薬や鎮痛剤の会社のホームページを見てみても、併用禁忌の記載はないため、多くの方において生理中の便秘薬使用は問題なしと考えられます。

関連する記事

女性にとって身近な便秘・生理通…症状が重くても軽視しがち?!たかが便秘と思わないで

  生理のときの生理痛、仕方のないことと分かってい...

 

生理中に便秘薬を飲むときの注意点

生理中に便秘薬をまったく飲んではいけないというケースは少ないです。

持病を持っている方などは医師に相談したうえで飲んでください。

 

また、生理中に便秘薬を飲むときには、生理痛の薬と一緒に飲まないでください。生理痛の薬と便秘薬は数時間ずらして飲むようにした方がよいので、その点だけは注意しましょう。

関連する記事

末端冷え症や腰痛の原因にもなることも!生理だけじゃない、美容の大敵「便秘」

  どんな時でも便秘は辛いものですよね。普段は気に...

 

便秘薬に頼らず便秘を解消しよう!

便秘のとき、どうしようもなければ便秘薬に頼ってしまうのは仕方がありません。腸内での便の腐敗を防ぐためにも、3-4日便が出ていないのなら便秘薬に頼るのもひとつの方法です。

 

ですが、便秘薬にずっと頼っていると腸自身が便を押し出す力を失ってしまう危険性があります。そこで便秘薬だけに頼らず、総合的に食生活や運動習慣を見直して便秘を改善することも大切なのです。

 

生理中に便秘があまりにも続くようであれば、便秘薬の使用も致し方ありません。便秘薬と生理痛の薬をずらして飲むように注意すればOKです。

 

ただし、いつも便秘薬に頼って便を出すやり方は、腸の力を弱めてしまいます。食物繊維を摂取する、運動で筋肉をつけるなどの方法も試してください。 

 

 

生理中の便秘は解消できる?!生理痛の原因が便秘である可能性も?!

女性は生理中に便秘になってしまうことがあります。

なぜ便秘になるのでしょうか?

 

また便秘だけでなく生理痛にもなると、つらさは倍増ですよね。

この便秘と生理痛には、なにか関係はあるのでしょうか?

 

生理中に便秘になるのはなぜ?

内臓の働きが一時的に低下

生理には女性ホルモンが大きく関係しています。

そのため生理中は、女性ホルモンの影響によって内臓の働きが一時的に低下してしまうと考えられています。

 

便秘の原因は黄体ホルモン

女性ホルモンの影響を受けると内臓の働きが一時的に低下するとされていますが、この女性ホルモンを一般的に「黄体ホルモン」と言います。

 

黄体ホルモンは「プロゲステロン」というホルモンを指します。

プロゲステロンは、子宮の動きをコントロールするホルモンですが、子宮だけでなく大腸の働きまで抑制し、身体の水分を吸収してしまう働きもあると言われています。

 

大腸の水分が少なくなると、腸内の便を柔らかくして排便しやすくする機能が下がってしまうため、便秘になりやすくなると考えられます。

 

黄体ホルモンの特性

プロゲステロンは初潮から閉経までの間分泌され続け、生理期間中・妊娠中に分泌量が増えるとされています。

妊娠前と比べて、臨月近くは約20倍にもなると言われる程、妊娠に深く関わるホルモンです。

 

妊娠中は子宮の収縮を抑制し、流産しにくい状態に身体をもっていってくれると共に、へその緒から赤ちゃんへ送る養分に含まれていたり、胎内の羊水に使われたりしています。

 

生理のたびに便秘になる人の注意点

黄体ホルモンの影響を受け、生理の度に便秘になってしまう人もいらっしゃると思います。

また、便秘の影響から食欲不振になってしまう方もいるでしょう。

食欲不振で食べないこともまた、便秘を引き起こす要因になっている可能性もあります。

 

便秘は繰り返すほどに腸の働きが低下し、より便秘しやすい体質になると考えられています。

生理の時だけだった便秘を放置したことで、慢性的な便秘になってしまうことも考えられます。

「生理だから」とあきらめず、対策をとっていくことをお勧めします。

 

生理中の便秘の軽減法

生理中は食欲不振など、さまざまな症状を併発している可能性がありますので、劇的な解消策を積極的に取るということが難しいかと思います。

 

そんな中でも、水分を多く摂ることを心がけてください。

身体を冷やさず、水分をたくさんとって便秘解消を目指しましょう!

 

生理痛と便秘は影響しあう?!

生理の起こる場所は子宮、便秘の起こる場所は腸です。

これらの臓器は隣同士に位置するため、何か起こった時にお互いに影響しあうことがあります。

特に便秘と同時に強い生理痛におそわれる方は注意が必要です。

 

生理痛は腸が原因の可能性も?

便秘によって腸はガスが溜まり張った状態となります。

この腸が張った状態が、子宮を圧迫し生理痛を引き起こしている可能性があります。

便秘がひどく生理痛もひどい方は、こういった状態が体内で起きているかもしれません。

 

冷えは万病の元

冷え症の方は便秘になりやすいと言われます。

これは、便秘によって血液がドロドロになり血行が悪くなることで、身体の末端まで新鮮な血液が行き届かないことが原因です。

 

血行不良は生理痛の原因ともなりますので、冷え症を放置している方は、便秘・生理痛どちらにも悩まされる可能性が高くなるのです。

 

生理痛・便秘の裏に潜む病気「子宮筋腫」

便秘や生理痛の裏に潜んでいる可能性がある婦人病として「子宮筋腫」が上げられます。

 

子宮筋腫を発症すると、便秘の症状と共に生理痛がひどく重いものなってくると言われています。

便秘の解消と共に生理痛が軽減なら重い病気の可能性は低いですが、生理痛がひどくなる一方なら専門機関での検査を受けることをお勧めします。

 

その他にも子宮筋腫を見分ける方法として、オリモノに異常が出るなどがあります。

何かいつもと違うことを感じたら、診察を受けてください。

 

最後に

便秘・生理痛は女性にとって身近な問題なだけに、症状が重くても軽視しがちです。

また生活しながら付き合っていくことですので、問題解決を後回しにしがちなことかもしれません。

 

しかし、今の痛みやつらさは何かの警鐘である可能性もあります。定期的に健診を受けることで最悪の事態を防ぐことが出来ます。

自分の身体の声に、常に耳を傾けるようにしてみましょう。

 

(Photo by: http://www.ashinari.com/)

著者: カラダノート編集部

本記事は、2017-04-13掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

生理・月経に関する記事

これでかぶれとさようなら!生理用品のかぶれ・かゆみのトラブル対処法!接触性皮膚炎に気をつけよう!

毎月来る月経、そのたびにかぶれやかゆみに悩んでいる女性は少なくないのではない...

生理中の貧血は出血が原因ではない?!貧血対策とは?体質・生活習慣・症状別「貧血チェック」!市販薬の成分と効き目は?

生理中にめまいがしたり、貧血のような症状がつらくて悩んでいる女性も多いのでは...


生理中は足が太くなる!?むくみが起きる原因と仕組み。生理中のむくみ、女性の身体との関係とは?

女性の代表的な悩みがむくみです。普段から足がむくむという方もいますし、生理の...

生理のせい?気分の落ち込みやうつっぽさの原因・対処法を知っておこう!

 生理前や生理中に気分が沈んで塞ぎがちになる、色んな事に対してマイナス思考にな...

カラダノートひろば

生理・月経の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る