カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 女性のカラダの悩み >
  3. おりもの >
  4. 要注意なおりものとは?ゼリー状でのびる・刺激臭・血が混じるおりものは?!

女性のカラダの悩み

要注意なおりものとは?ゼリー状でのびる・刺激臭・血が混じるおりものは?!

おりものは、女性にとっては馴染み深い存在です。

思春期を迎えたころからおりものシートを使って対処しているという方も多いでしょう。

 

そんなおりものの正体・働きについてと、危険なおりものの状態を見てみます。

 

おりものの正体とは?

おりものの正体は、子宮頸管粘液・膣分泌液などさまざまな「膣・子宮から出される粘液」と「組織片」の混ざったものです。

 

組織片は、たとえば膣の内部の膣壁がはがれたものなども含まれます。

体の外でいえば垢のようなものです。

 

平均的なおりもの

平均的なおりものは透明か白っぽい、もしくは黄色っぽい色をしており、やや甘酸っぱい香りがします。

 

1か月の間で量が変わることはよくあり、どちらかと言えば排卵近くなるとおりものが多くなったり、ねばつくおりものが出たりします。

 

おりものの働き

おりものはもともと、膣内を守るためにあります。

例えば、体外からウイルスが侵入したときなどに、膣内でウイルスが暴れないようにおりものが対処します。

 

また、膣が乾燥しないようにするのもおりものの大切な働きで、女性にとっておりものは欠かせない存在なのです。

 

要注意なおりもの

おりものに血が混じったり、刺激臭がする場合には要注意!

おりものは、膣内の異常を知らせるためにも活躍します。

 

もしも、普段よりも圧倒的におりものが多かったり、カッテージチーズ状のおりものが出たり、または出血が見られるときには注意が必要です。

膣炎や子宮・膣関係の何らかの病気にかかっている可能性があるので、婦人科に行って詳しい検査を受けた方がよいです。

 

おりものは女性の膣を体外の敵から守る役割をしている粘液と組織片で、通常は透明・白・黄色のどれかです。

 

おりものの量は人によって大きく違うのでそれほど気にすることはありませんが、血が混じっているときやひどい臭いがするときは病院へ行きましょう。

 

ゼリー状のおりものについて

ふつう、おりものはとろとろとしていますよね。

粘液なのでさらさらではありませんが、ゼリー状のおりものは、ティッシュでつまめるほどのかたさがあります。

これが月に1,2回出て、気になるとい方もいるのではないでしょうか?

 

ゼリー状のおりものは排卵期のおりもの

女性の体にとって重要な性周期の中でも、排卵期は妊娠と深くかかわっています。

卵胞から卵子が出てくるのが排卵期の特徴で、妊娠をのぞむなら排卵期・排卵日のタイミングを見て性交渉を持つようにするとよいです。

 

そんな排卵期のおりものには、子宮頸管粘液という少しかための粘液がふくまれるので、排卵期にゼリー状のおりものが出ても心配は要りません。

 

子宮頸管粘液が排卵期に多く出る理由

子宮頸管粘液は本来、子宮頸管を満たしている粘液のことですが、排卵期が近づくにつれてピークを迎える卵胞ホルモンが子宮頸管粘液の分泌を促進しています。

 

いっぽうで、排卵期が終わって月経が近づいてくると、卵胞ホルモンは減ってきます。

子宮頸管粘液も減ってきて、ゼリー状のおりものは見られなくなります。

 

ゼリー状のおりものが危険な場合って?

ゼリー状のおりものがなんらかの病気である可能性は低いですが、妊娠という観点から見ると、糸を引かないほどかたいおりものはあまりよくありません。

 

排卵期のゼリー状の子宮頸管粘液をふくむおりものでも、糸を引く・伸びるくらいの方が精子を受け入れやすいのです。

少しかためのゼリー状のおりものの場合は、精子を受け入れにくいタイプですので、妊娠を強く望む場合にはデメリットとなることがあります。

 

ゼリー状でかためのおりものは、排卵期であればふつうに出るものですので、心配は要りません。

ですが、やや妊娠しにくくなるケースもあります。

 

量が多い場合はおりものシートなどで下着を汚さないように注意しつつ、排卵期が終わるのを待てばOKです。

 

(Photo by: //www.ashinari.com/ )

著者: あさこすさん

本記事は、2016-08-04掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

おりものに関する記事

異常?正常?正常なおりものの状態をしっかり理解しよう!

おりものは膣などからの分泌物で、おりものの異常から様々な病気の有無がわかると...

おりものの正体って何?おりものの働きは?血が混じったり、刺激臭がする場合には要注意!

  おりものは女性にとっては馴染み深い存在です。思春期を迎えたころからおりもの...


多い?少ない?分泌量で考えるおりもの

「おりものの量が多いのでは?」と心配になったことはありませんか?ふだんのおりも...

あなたはどのタイプ?東洋医学とおりもの

    東洋医学では、おりものの状態によってどんな体質に属するかが分かり...

カラダノートひろば

おりものの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る