カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. ガン・悪性腫瘍 >
  3. 食道がん >
  4. 症状 >
  5. 食道がんを切除した後の不調…どう対処すればいい?

ガン・悪性腫瘍

食道がんを切除した後の不調…どう対処すればいい?

 

がんを治療するには、がんが広範囲に広がったり、他の場所に転移していない限り、がんの部分を切除してしまうのが効果的な治療法です。食道がんの手術でもがんを含めて食道、そしてリンパ節を含む組織を切除しますが、そのままでは食べ物の通り道が途切れてしまうため再建する手術も必要になります。

 

手術後に見られる症状

一般的につなぎ合わされた胃や腸(切除した食道の代わりに自分の小腸などを移植する)の状態が落ち着き、食べ物を口からとれるようになるまで1、2週間かかります。しかし回復の途中で、傷の痛み等の症状が見られます。ここでは術後に見られる症状への対策をご紹介します。

 

傷が痛い

…食道がんの切除手術ではがんの状態によっては、広い範囲に傷痕ができます。そのため手術直後からその傷のあたりに痛みが生じやすくなります。これはただ痛みだけの問題ではなく、痛みによって療養に積極的になれない痰を出せない、だから肺炎を生じてしまうという事態につながることがあります。こうした痛みがある場合は積極的に医師に伝えましょう。必要に応じて処置してくれます。痛みが軽い場合には他に気をそらすことも、痛みの緩和につながります。

 

痰が出しにくい

…痛みなどで体勢が制限されて痰を出せないでいると気管支炎肺炎になる危険が高くなります。これは術前から対策することができるもので、呼吸訓練器の練習を正しくしたり、痰の出し方について相談しておくとよいでしょう。痛みがひどいときにはうまくできないかもしれませんが、その場合には保湿や気管支を拡張する薬が処方されることもあります。

 

声がかすれる、嚥下困難

…食道の上の方を手術した場合、麻痺が起こるなどして声がかすれたり、食べたものがのどでつかえたりむせやすくなったりします。これに対しては通常自然に治るのを待つスタンスですが、場合によっては耳鼻咽喉科の診察を受けることもできます。声の出し方やむせにくい食事の仕方など相談してもよいでしょう。

 

術後は不調があって当たり前です。しかし変に我慢するとそれが他の疾患をまねくもとにもなりますから、「これくらいなら平気かな」と我慢しないで医師に相談するようにしましょう。

 

(Photo by: [//www.ashinari.com/2009/05/10-019839.php?category=268])

著者: Roddyさん

本記事は、2016-07-28掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

症状に関する記事

飲酒・喫煙が好きな中高年男性はリスクが高い!食道がん

  歳を取るにつれて、様々な病気になるリスクは増えてきます。 癌もその1...

食道がん切除手術後の不都合とは?どんなことが考えられる?

  食べることは人が生きる上で欠かすことができません。摂食をする上で大切な器官...


気付きにくい?食道がんの初期に見られる症状

  食道がんは中年以降の年齢で発症することが多く、ほとんどが40代以上です。発...

食道がんの手術後の後遺症について理解しておこう

食道は、口から入った食べ物が通過する大切な器官です。食道がん治療の手術は、食道...

カラダノートひろば

症状の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る