カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. ガン・悪性腫瘍 >
  3. 胃がん >
  4. 症状 >
  5. 胃がんの「初期症状」と「進行症状」どのようなものがある?

ガン・悪性腫瘍

胃がんの「初期症状」と「進行症状」どのようなものがある?

 

臓器の内側には痛覚というものがありませんから、不調が起こっても痛みを感じることができません。日本人の死亡原因として多い胃がんでも、胃の内膜にがんができただけでは症状に乏しいのが現状です。

 

胃がんの症状

胃がんは早期ではもちろんのこと、場合によってはかなり進行した後でも無症状のことがあります。ただ、胃がんそのものの自覚症状が乏しくても、胃がんに付随して起きる胃炎や胃潰瘍などの症状を自覚して、病院を受診することはしばしばあるようです。

 

胃がん早期に見られる症状

消化不良

胃の不快感

食後の膨満感

食欲低下

胸やけ

軽度の悪心

吐き気

 

胃がんによって消化管内の空間が狭くなったり、食べ物の通過が悪くなって胃が重たい感じがするなどして、上記のような症状が出ることがあります。食べ物の通過が悪くなると、食べ物が逆流してくるような感覚で、胸焼けが生じることもあります。

 

また、胃炎や胃潰瘍を合併している場合には、これらによって悪心、吐き気が引き起こされることもあります。

 

進行した胃がんで見られる症状

体重減少

血便

嘔吐

胃痛

黄疸

腹水

嚥下困難

 

胃の働きが悪いと、食べることが体の不調につながるので、食べることから遠ざかろうとして痩せてしまうということもあります。ただ、それ以上にがんが胃の中にできている場合、たくさん食べていたとしても、がんに栄養をとられてしまって痩せてしまうということも言えます。

 

また、がんの表面が崩れると出血し、それが便に混ざって黒い血便になることもあります。ただこれは胃がん特有のものではなく、胃潰瘍でも起こることがあります。

 

他にも症状は様々ですが、どれも胃がんの特徴的な症状というには足りないものばかりです。軽微な症状でも原因不明で持続的に見られるなら、一度病院を受診した方がよいでしょう。

(Photo by: [//www.ashinari.com/])

著者: Roddyさん

本記事は、2016-07-29掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

症状に関する記事

胃がん進行のプロセスを知っておこう!

  胃がんは、粘膜という胃の壁の最も内側にある部分の細胞が、何らかの原因に...

早期発見が大事!胃がんの症状とは?

胃がんは日本人において、40代後半から増加し始めて、女性よりも男性のほうが罹...


胃がん治療、切除によって起こる後遺症について

  手術は人の手で行うものですから、完全に手術後の障害がないとは言い切れません...

胃切除の手術後はダンピング症候群になる可能性も!

胃がんの治療には手術が行われることが多いです。手術は一般に胃の切除を行い、全摘...

カラダノートひろば

症状の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る