カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. ガン・悪性腫瘍 >
  3. 胃がん >
  4. 細かく分けられている胃がんの各ステージについて

ガン・悪性腫瘍

細かく分けられている胃がんの各ステージについて

 

胃がんは胃の内側の粘膜組織に発生します。それが進行するにしたがって胃の壁の中に進行したり、さらには壁を突破して大腸や膵臓などといった近くの臓器に広がったり、リンパ節に入り込んで遠くの臓器に転移したりすることもあります。

 

がんの治療方針や治療方法を選択したり、がんの進み具合を客観的に測るために必要なのがステージという、がんの進行具合をあらわすものです。胃がんのステージは以下のようになっています。

 

0期

…上皮内がんで、異常な細胞が胃壁の粘膜層の内側のみに認められます。

 

Ⅰ期

…がんが胃壁の粘膜層の内側に形成されます。Ⅰ期は以下の二つに分けられます。

ⅠA期:がんが胃壁の粘膜下層に広がっている可能性がある。

ⅠB期:がんは胃壁の粘膜下層に広がっている可能性もあるし、腫瘍の近く1~2ヶ所のリンパ節に認められる。

あるいは胃壁の筋層まで広がっている。

 

Ⅱ期

…Ⅱ期は以下の二つに分けられます。

ⅡA期:がんは胃壁の漿膜下層に広がっている。

あるいはがんは胃壁の筋層に広がり、腫瘍近くの1~2ヶ所のリンパ節に認められる。

あるいはがんは胃壁の粘膜下層に広がっている可能性もあるし、腫瘍の近くの3~6ヶ所のリンパ節に認められる。

ⅡB期:がんは胃壁の漿膜に広がっている。

胃壁の粘膜下層に広がっている可能性もあるし、腫瘍の近くの1~2ヶ所のリンパ節に認められる。

あるいは胃壁の筋層に広がっており、腫瘍近くの3~6ヶ所のリンパ節に認められる。

あるいは胃壁の粘膜下層に広がっている可能性もあるし、腫瘍近くの7か所以上のリンパ節に認められる。

 

Ⅲ期

…Ⅲ期は以下の三つに分けられます。

ⅢA期:胃壁の漿膜まで広がっており、腫瘍近くの1~2ヶ所のリンパ節に認められる。

あるいは胃壁の漿膜下層に広がっている可能性もあるし、腫瘍近くの3~6ヶ所のリンパ節に認められる。

あるいは胃壁の筋層に広がっており、腫瘍近くの7か所以上のリンパ節に認められる。

ⅢB期:脾臓、横行結腸(小腸の上部)、肝臓、隔膜、膵臓、腎臓、副腎、のような隣接臓器に広がっており、腫瘍の近くの1~2ヶ所のリンパ節に認められる。

あるいは胃壁の漿膜まで広がっており、腫瘍近くの3~6ヶ所のリンパ節に認められる。

あるいは胃壁の漿膜下層に広がっており、腫瘍近くの7か所以上のリンパ節に認められる。

ⅢC期:胃壁の漿膜まで広がっており、腫瘍近くの1~2ヶ所のリンパ節に認められる可能性がある。

あるいは胃壁の漿膜まで広がっており、腫瘍近くの7か所以上のリンパ節に認められる。

 

Ⅳ期

がんが胃の遠隔部位まで転移して広がっている。

  

転移や術後の再発などの可能性を正確に理解するためには、こうしたステージを正しく理解・判断することが重要です。

 

(Photo by: [//www.ashinari.com/2008/11/16-010315.php?category=393])

著者: Roddyさん

本記事は、2016-07-28掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

胃がんに関する記事

日本人は胃癌になりやすい!癌にかかった人数「罹患率」について

死亡率が高いがんは肺がんですが、罹患率という観点では違います。死亡率はかかっ...

胃がんの抑制効果が確認された「黒にんにく」とは?

  胃がんの抑制効果が確認された「黒にんにく」に含まれる「S-アリルシステ...


胃がん手術後の食事に関するギモン

  胃がんの治療には、抗がん剤治療や外科的手術による治療がありますが、後者...

胃がん手術後の食事における注意点

    日本人がかかりやすいがん第二位の胃がんは、場合によっては手術によ...

カラダノートひろば

胃がんの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る