カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. 血液・血管 >
  4. 動脈硬化 >
  5. 動脈硬化って何?動脈の役割と共にご紹介

気になる病気・症状

動脈硬化って何?動脈の役割と共にご紹介

            

 

「動脈硬化」という病気を知っていますか?「動脈硬化」自体はよく耳にすると思います。「動脈硬化を防ぐ食べ物はこれ!」なんていう謳い文句で様々な食べ物が売られていることもあります。では、その動脈硬化とは一体何なのかをきちんと理解できているでしょうか。

 

◆案外知らない動脈の働き

では、はじめに動脈とは何なのでしょうか?心臓から送り出されてきた勢いのある血液全身に行き渡らせるための血管が動脈です。またこの動脈は血液を運ぶだけでなく、臨機応変に血液を心臓に流し戻すという働きもしています。このように動脈は効率よく血液を体中に運ぶ上では欠かせないものと言えます。

 

心臓から送られてくる勢いのある血液を運んだり、またその血液を押し戻したりする血管が動脈です。なので、他の血管に比べて大変丈夫で、弾力性がありしなやかです。簡単に破れもしませんし、何かが詰まるなんてこともありません。

 

 

◆動脈硬化とは

動脈硬化とは書いて字のごとく「動脈が硬くなってしまう」ことです。ですから、動脈の大切な役割を果たす上で大切になってくる上記のような動脈の「丈夫で弾力性がある」という特徴が失われてしまいます。そうなってしまうと、本来なら円滑に行われていた血液運搬が上手く行われなくなり、結果として心臓に負担がかかってしまいます。

 

また、動脈硬化によって動脈が硬くなってしまうと動脈がもろくなってしまいます。そうなると血管が詰まりやすくなったり、血管の内側に出来た粥腫(じゅくしゅ)が剥がれ、他の細い血管で詰まってしまうという症状が起こる危険性も高まります。

 

血液が上手く運ばれなくなるということは、体中の細胞が必要とする酸素や栄養素が届けられなるということです。結果として様々な器官や組織が本来のように機能しなくなります。

 

 

このように、動脈は体にとって非常に大切なパイプの働きを担っています。その動脈を正常に機能させ、健康を維持するためにも動脈硬化は避けたいものです。動脈硬化は高カロリーあるいは栄養バランスが偏った食生活や、運動不足などの生活習慣が原因となって生じることが多いです。そのような生活習慣は改善し、進行は食い止めるようにしていきましょう。

 

 

(イラスト by: [//www.irasutoya.com/2013/09/blog-post_3942.html])

著者: みの痔さん

本記事は、2016-08-03掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

オススメ検索ワード

動脈硬化に関する記事

スイカには驚動脈硬化予防、脂肪肝予防の効果があった!スイカに含まれる嬉しい成分とは?

夏の味覚の代表ともいえるすいかは、実は健康成分がたっぷり入った食物でもあります...

簡単☆洗い物なし!動脈硬化も予防できる♪おいしい「魚ときのこのホイル焼き」レシピ

手や顔がピリピリとしびれるということは、日常の中でもよくあります。正座をしたと...


ゴーヤ(にがうり)で動脈硬化を改善できる!?ゴーヤに含まれる○○の栄養素が効果大だった!

  動脈硬化は多くの病気を引き起こします。これは主に生活習慣で起こるものですから...

筋トレをするときには注意が必要!?動脈硬化予防・改善のための筋力トレーニング☆

運動は、腹筋運動などの筋肉トレーニング、ランニングなどの有酸素運動に分かれてい...

カラダノートひろば

動脈硬化の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る