カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. 血液・血管 >
  4. 血友病 >
  5. 血友病ってどんな病気なの?その症状とは

気になる病気・症状

血友病ってどんな病気なの?その症状とは

           

 

血友病という疾患をご存知でしょうか?きっと馴染みのない病名だと思います。そんな血友病はどんな病気か簡単に説明すると、出血したらなかなか血が止まらない病気です。そんな血友病はどんな病気なのか、あるいはどんな症状を引き起こすのかについて簡単にご紹介したいと思います。

 

 

◆血友病って?

上記の通り、血友病とは出血すると血がなかなか止まらない病気です。人間の血液中には、出血の際になるべく早く止血し多くの血液を損なわないための血液凝固因子と呼ばれるタンパク質が含まれています。しかし、血友病患者にはこの血液凝固因子が不足しています。なので、一旦出血するとなかなか止まらないんですね。

 

こうした血友病は、1万人に1人という確率で男性に生じる伴性劣性遺伝の病気です。しかし、稀に遺伝子が突然変異することで発症するケースもあるそうです。軽度の血友病患者の人は、成人して大きな怪我をしてから初めて気付くなんてことも珍しくはありません。

 

 

◆血友病は深部出血が多く見られます

血友病でない健康な人が、仮に関節内で出血を起こしたとしても、血液凝固因子によってすぐに止血・凝固が行われることでしょう。しかし、血友病患者の場合にはそうは行きません。

 

血友病患者は人よりも血液凝固因子が少ないため、なかなか凝固・止血が進みません。そうしている間にもどんどん出血が酷くなります。血管からあふれた血液は関節内の容量を超えてしまい、行き場の無くなった血液は周辺の組織や神経を圧迫し始めます。そうなると激痛が伴います。

 

このような体内で出血が起こることを深部出血といいます。血友病患者はこの深部出血が、関節や筋肉、そして頭蓋や腎臓などで生じることが特徴として挙げられます。

 

 

深部出血は人にうまく伝えることが出来ないほどの激痛が生じます。血友病患者はこの痛みとの戦わなければならないのです。しかし、見た目に変化が無いためなかなか理解されにくい病気です。もしも、周りに血友病の方がいらっしゃるのであれば、重い荷物を持ってあげるなどの配慮をするようにして下さい。

 

 

(イラスト by: [//www.irasutoya.com/2013/11/blog-post_16.html])

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-08-04掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

血友病に関する記事

就職活動の時にどうする?血友病と共に生きるには

           血友病とは、血中に含まれる血液凝固因子が少なく、出血す...

血液凝固因子の欠損による血友病

  血友病とは知る人ぞ知る、血液が固まらなくなる恐ろしい血液の病気です。 ...


ほとんどが男性に発症する!遺伝性の血友病

  血液が固まらなくなり血が止まらなくなる血友病は、ほとんどが男性に発症す...

遺伝子異常による血液の病気「血友病」を治療する因子補充療法

  血友病とは性染色体上にある、血液を凝固させる因子が欠損する遺伝子異常に...

カラダノートひろば

血友病の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る