カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. ガン・悪性腫瘍 >
  3. 予防 >
  4. 食生活 >
  5. がんに効く?フラボノイドってなに?

ガン・悪性腫瘍

がんに効く?フラボノイドってなに?

 

がんをはじめとして動脈硬化や心疾患予防の効果が期待されるものの一つがフラボノイドです。フラボノイドというのは化合物の総称で、これに属するものは2000種類以上のあるとされています。

 

フラボノイドの強い抗酸化作用

なぜフラボノイドにがんの予防効果が期待されているかというと、フラボノイドには強い抗酸化作用がある為とされています。そもそも抗酸化作用というのは、人の体が鉄がさびるように酸化していくのを防ぐ作用のことです。人が呼吸などで取得した酸素は体内で活性酸素となり、それが体の中の毒や細菌を攻撃してくれるのですが、活性酸素が多すぎると正常な細胞まで攻撃してしまいます。それががんにつながる可能性があると考えられています。

 

フラボノイドって具体的には?

フラボノイドの中にはよく知られているイソフラボンも含まれます。また、広い意味でフラボノイドという言葉を使うならば緑茶に含まれるカテキンや、ベリー、ナス、イチゴに含まれるアントシアニン、紅茶や渋柿に含まれるタンニンを含むこともあります。一般的に知られているポリフェノールの大きなくくりのひとつでもあります。

 

フラボノイドはフラボノイドだけじゃない

フラボノイドは植物の葉や茎、幹などに多く含まれる成分です。ですから、フラボノイドを積極的に摂取しようとすれば、自然と野菜や果物をたくさん摂取することになり、同時にがん予防に効果があると言われているβカロテンやビタミン、食物繊維もたくさん摂取することができるようになるのです。

 

個々のフラボノイドと健康の関係は推定されてはいますが、はっきりと分かっているわけではありません。明確な結論は出ていませんが、おそらく効果のあるものだろうという強い考えの下、摂取を推奨されています。

 

(Photo by: [//www.ashinari.com/2013/01/06-374820.php?category=254])

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-07-30掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

食生活に関する記事

がんの要因!?食事の欧米化を考える

  がんの発生というのは、寿命が長く、先進国となった日本では避けられないことな...

食物繊維やミネラル、各栄養とさまざまながんへの効果を知ろう!

  食べ物は体を形作るだけではなく、それを消化する臓器にも影響を与えることがあ...


キャベツでガン予防!箸休めにも!簡単ザワークラウト

【レシピ】簡単ザワークラウト キャベツに含まれるイソチオシアネートという成分は...

ファイトケミカルで免疫up☆ミネストローネスープ・パスタ

ファイトケミカル(フィトケミカル)をご存知でしょうか。 植物が作り出す天然の成...

カラダノートひろば

食生活の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る