カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 生活習慣病 >
  3. 高血圧 >
  4. 予防 >
  5. 食生活 >
  6. カカオの成分エピカテキンの降圧効果とは?

生活習慣病

カカオの成分エピカテキンの降圧効果とは?

 

食品の摂取によるがんの高血圧の予防というのは、日々研究されているもののひとつでしょう。ですから一般的に効果があると言われている食品であっても、研究途上のものも多くあるというのが現状なようです。

 

カカオ豆の成分が血圧を下げる

最近の研究で分かってきたのが、カカオ豆に含まれる成分である「エピカテキン」が血圧を下げる効果を持っているとされています。これはポリフェノールの一種で、昔からカカオ自体は薬として使われていました。現在の食品でこのエピカテキンを摂取するとなると、最もよいのがカカオが多く含まれるダークチョコレートだとされています。

 

エピカテキンが血圧を下げる機序は大きく分けて二つあるものと考えられています。

 

エピカテキンの作用1

…体内に吸収されると、血管を拡張させる物質の分泌を促し血管が拡張するため血流が良くなり血圧を下げます。

 

エピカテキンの作用2

強い抗酸化作用も血圧を下げる上で役に立ちます。活性酸素が体内にたくさんあると、健康な細胞を攻撃して血管の老化に拍車をかけてしまいます。ですから抗酸化作用によって活性酸素を減らし、血管の健康を保ち、しなやかにしておくことで、高血圧ひいては動脈硬化を予防することができるのです。

 

エピカテキンの利点

ポリフェノール類というのは、生活習慣病などにおいて予防の効果が期待されるものですが、多くのポリフェノールは摂取した場合体内に吸収されるのが10%前後のみとされています。しかしこのエピカテキンは体内に吸収されるのが20~30%と高い割合で吸収できるのが特徴であり、体の中にとどまって効果を発揮しやすいと言えます。

 

基本はバランスの良い食事をした上で、こうしたエピカテキンなどといった摂取を上手に取り入れることで血管の健康を保つことができます。

 

(Photo by: [//www.ashinari.com/2011/11/29-354064.php])

著者: Roddyさん

本記事は、2016-07-28掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する
おすすめ記事

カルシウム不足を解消して高血圧や動脈硬化を予防しよう!

  1. 生活習慣病
  2. 高血圧
  3. 予防
  4. 食生活

  食生活の豊かな日本で、数十年にわたりずっと不足している栄養素があります。それはカルシウムです。 ...

食生活に関する記事

チョコが血圧を下げるって本当?

  生活習慣病というのは日々の生活の少しの積み重ねから生じるものです。その中で...

DHAとビタミンEで高血圧予防。まぐろのゴマ唐揚げ

【レシピ】まぐろのゴマ唐揚げ まぐろに含まれるのDHA(ドコサへキサエン酸)と...


カリウムで高血圧を抑制・疲労回復にも☆【トマトとタコのカレーマリネ】レシピ

血圧が上がってくると、頭痛や肩こり、めまいや耳鳴り、のぼせや動悸、また疲れやすい...

「エピカテキン」注目の抗酸化物質は身近にあった!

      血管を強くしなやかに保つことは、長寿の秘訣と言っても過言ではあ...

カラダノートひろば

食生活の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る