カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. アレルギー >
  3. アトピー性皮膚炎 >
  4. スキンケア・保湿 >
  5. 「せっけん」と「せんざい」の違い~当たり前のように使っている合成洗剤使い続けて大丈夫なの?

アレルギー

「せっけん」と「せんざい」の違い~当たり前のように使っている合成洗剤使い続けて大丈夫なの?

 

「せっけん」「せんざい」の違い、ご存知ですか?

一般的に言われる「せんざい」とは「合成洗剤」のこと。

合成洗剤が人体に及ぼす影響については、50年以上前から危惧されています。
身近なところでは湿疹や痒みの原因に。
つい先日は中国で、合成洗剤を誤飲した女性が危篤状態になったとニュースで報道されました。

合成洗剤の泡で河や湖が汚されている写真は、誰でも一度は目にしたことがあると思います。
合成洗剤が自然環境に及ぼす悪影響については計り知れません。

対してせっけんの成分は約一日で分解され、自然に還ります

毎日、当たり前のように使っている合成洗剤。
ほんとうにこれからも使い続けてよいのでしょうか?


◆ 合成洗剤 ◆

・ 石油や油脂から作られた合成界面活性剤が主成分。
・ 再付着防止剤や防腐剤、漂白剤、香料など多種の化学物質を含む。
・ 洗濯用洗剤は蛍光増白剤を含む。
・ すべての成分が完全に分解されるのに10年以上かかる。
水質汚濁の原因物質であると指摘されている。

水に溶けやすいためすすぎ残しが出にくい、少ない使用量でも洗浄力が強いというメリットがあります。

合成洗剤に含まれる化学物質にかぶれることがあり、アトピーなど慢性皮膚疾患の原因であるとも言われます。
分解性は昔に比べずいぶんと改良されていますが、まだまだせっけんにはおよびません。


◆ せっけん ◆

天然由来の油脂とアルカリを混ぜて作ったもの。
・ 原料の組み合わせや製法によって洗浄力や性質に差が出る。
・ 界面活性剤は即時に、その他の成分も約一日ですべて分解される。
硬水とあわせると洗浄力が落ちる

合成洗剤に比べると水に溶けにくく、すすぎ残しも出やすくなります。
多少の使いにくさはありますが、しっかり泡立てれば十分な洗浄力を発揮します。

天然成分のみで作られたものであれば、誤って口に入れてもほとんど悪影響がありません


きれいな地球、きれいな環境なくして、私たちの健康は築き得ません。

現在、合成洗剤の環境排出総量濃度(国土面積あたりの平均排出量)は日本が世界一位です。
私たち日本人こそ、各家庭での合成洗剤の使用を見直すべきではないでしょうか。

 

(Photo by//www.ashinari.com/2012/02/02-356585.php)

著者: あゆみさん

本記事は、2016-07-28掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

スキンケア・保湿に関する記事

毎年症状が繰り返される花粉症には初期療法を!症状別初期療法

  花粉症は季節性のアレルギー疾患なので、毎年症状が繰り返されることが多く...

花粉症治療薬の注意点

   花粉症治療薬の使用にあたって特に注意が必要なものを紹介します。  ...


子供の使うものこそせっけんで♪せっけんを使うことでアトピーや慢性湿疹が改善することも!?

  天然の成分で作られる、環境にも肌にも優しい「せっけん」。しかし、なんだ...

鼻噴霧用ステロイド薬など…花粉症に使用される薬について

  ・Th2サイトカイン阻害薬(アイピーディなど) ヘルパーT2細胞から...

カラダノートひろば

スキンケア・保湿の関連カテゴリ

スキンケア・保湿の記事ランキング

人気体験談ランキング

アレルギーのひろば閲覧ランキング

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る