カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 生活習慣病 >
  3. 高血圧 >
  4. 予防 >
  5. 生活習慣 >
  6. 温度差が高血圧の誘因に?意外と体に負担の温度差

生活習慣病

温度差が高血圧の誘因に?意外と体に負担の温度差

 

年と共に体の各機能が衰えていってしまうのは、仕方のないことと言えば仕方のないことです。その中でも血管の健康の悪化は、血管が血圧に耐えられなくなることを意味し、やがては高血圧につながっていくことになります。

 

高血圧予防には心臓や血管を大切にする

若い頃は心臓や血管が健康ですから、心臓や血管を大事にして生活するという考えもなかったと思いますが、少し年齢が上がってくると、こうしたことを気にする必要が出てきます。心臓や血管に負担がかかることは、日常生活の中にはいくつかありますが、ここでは温度差から心臓や血管を守るということを書いていきたいと思います。

 

体を守る反応が心臓や血管に負担?

部屋ごとに大きな温度差があると、人間の体はその温度差に体温が影響されすぎないように血管を収縮したりして体温の調節をはかります。しかしこれは若いうちは柔軟性のある血管で耐えられる現象でも、機能低下した血管には少々負担になることがあり、血管や心臓を傷つけることになります。これはすでに高血圧を発症している人には良く言われることですが、まだ高血圧を発症していない人にも同じことで、心臓や血管に負担をかける現象ですのでできるだけ避けたいものです。

 

負担の蓄積が高血圧につながる

日本では高血圧を発症している人が多くいますが、その9割以上は原因が特定できない高血圧だと言われています。実際、高血圧の原因とされるものはたくさんありますから、それらが絡み合って生じているのでしょうが、その中のひとつの原因が温度差であるということを知っておきましょう。

 

筋肉の衰えは実感することができますが、血管の衰えはなかなか身をもって知ることができません。気温差を繰り返すことが知らない内に高血圧の発症の手助けになっているということを自覚しておきましょう。

 

(Photo by: [//www.ashinari.com/2009/06/21-022785.php])

著者: Roddyさん

本記事は、2016-07-29掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する
おすすめ記事

ストレスが血圧を上昇させる!ストレス解消をして血圧をコントロールしよう

  1. 生活習慣病
  2. 高血圧
  3. 予防
  4. 生活習慣

ストレスは、血圧の上昇と深い関連があります。ところが血圧が高めで、食事などに気をつかっている人でも...

睡眠不足の隠れた影響!?「よい眠り」は高血圧・糖尿病を予防する!

  1. 生活習慣病
  2. 高血圧
  3. 予防
  4. 生活習慣

人間は一生のうちの3分の1~4分の1の時間を、「睡眠」に費やしています。 ですが、実際には熟睡して...

生活習慣に関する記事

こんな生活習慣をしている人は要注意!高血圧になりやすい生活

  生活習慣病である高血圧は、普段の生活習慣や食生活が大きく影響していると...

性行為での興奮状態が高血圧の誘因になる?

  日常生活の中で血圧が上がる瞬間というのはたくさんあります。その瞬間に血管が...


高血圧の高齢者の方が運動以外に日常生活の中で注意すべきこと

  高齢者の方の高血圧では、温度差や水分不足などといったちょっとしたことが...

舌の筋トレで高血圧や無呼吸症候群を予防

  ■血流は酸素の運び係であり、その関係から血圧と呼吸は非常に密接に関わってい...

カラダノートひろば

生活習慣の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る