カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. >
  4. 耳鳴り >
  5. 薬物療法、TRT、心理療法…症状と原因によって異なる耳鳴りの治療法とは?

気になる病気・症状

薬物療法、TRT、心理療法…症状と原因によって異なる耳鳴りの治療法とは?

 

耳鳴りの治療法は、症状と原因によって異なります。一般的に用いられる耳鳴りの治療法をご紹介します。

 

 

薬物療法

耳鳴りの原因に対応した薬物を投与します。肩周辺の筋肉の凝り、頭痛などで起こる耳鳴りでは、筋弛緩剤を用います。神経のはたらきや内耳の循環に問題がある場合、中枢神経系の活動を血流増進によって改善する代謝改善剤、末梢神経に作用するビタミンB12製剤などを投与します。循環改善剤は、内耳の機能回復を図るための薬です。

過度のストレスや精神不安、うつ症状の1つとして耳鳴りが出現しているケースでは、抗不安薬や抗うつ剤も使われるでしょう。

ほとんどの耳鳴り治療薬は内服役ですが。注射による投与も行われます。歯科治療で使う麻酔薬「キシロカイン」の静脈注射が、代表的です。

そのほか、作用が穏やかな漢方薬を勧められることもあるでしょう。

耳鳴りそのものの治療薬ではありませんが、耳鳴りがひどくて睡眠障害がある場合は睡眠薬が処方されます。

 

 

TRT

心理的な影響が大きく、慢性化した耳鳴りの治療で使われる治療法です。あえて静寂を避け、適度な音を流し続けてその状態に順応する「音響療法」と、「カウンセリング」がTRTを構成しています。

 

 

心理療法

病気や耳の異常で生じる耳鳴りではなく、ストレス性の耳鳴りの治療には心理療法が大きな役割を果たします。ストレスや疲労を感じた時に耳鳴りが強まる人が多く、精神状態と耳鳴りには深い関係があるといえるでしょう。カウンセリングによって耳鳴りの根本原因であるストレスを軽減し、自律神経を整えることで耳鳴りの改善を目指します。

 

 

耳鳴りを引き起こしている疾患がある場合は、原因になっている疾患の治療が第一になります。加えて、起きている耳鳴りへの対処が求められるでしょう。

 

(Photo by: //www.ashinari.com/2010/10/29-037033.php)

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-07-29掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

耳鳴りに関する記事

治療で手術が適用される耳鳴りとは 中耳炎や聴神経腫瘍など一部の他覚的耳鳴は手術が検討されることも

  耳鳴りは大きく分けると自覚的耳鳴りと他覚的耳鳴りの2種類があります。 自...

必要な音を取捨選択する能力「カクテルパーティ効果」とは?ストレスと耳鳴りの関係

人の感覚機能は繊細で、さまざまな要因の影響を受けやすいといわれます。ストレスに...


大きな音を聴き続けて聴覚に障害が起こる?イヤホンの使い方を見直して耳鳴り予防

  若い人の間で、イヤホンの使用による耳鳴りや難聴が増えているようです。使...

耳以外も見るの!?漢方の診察法

  耳鳴りの原因が腫瘍など、西洋医学でかなり高いレベルでの治癒が見込めるもの以...

カラダノートひろば

耳鳴りの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る