カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. >
  4. 耳鳴り >
  5. 代謝改善剤やビタミン剤、筋弛緩剤など…耳鳴りの薬物治療の種類と効果とは

気になる病気・症状

代謝改善剤やビタミン剤、筋弛緩剤など…耳鳴りの薬物治療の種類と効果とは

 

耳鳴り治療では、原因に応じた薬物を投与するのが一般的です。薬物治療に用いられる薬について、詳しく説明します。

 

 

代謝改善剤

中枢神経や内耳の機能を改善するための薬です。血流促進に作用する薬が主で、アデノシン三リン酸ナトリウム(ATP)、ユビデカレノンなどが用いられます。頭部のケガで生じた耳鳴り、頭痛やめまいをともなうケースに有効です。メニエール病でも処方されます。

 

 

ビタミン剤

末梢神経の活動を活発化し、代謝改善や疲労回復にも効果が高いビタミンB群は、耳鳴り治療に有用なビタミン剤の代表格です。最も多く処方されるのがビタミンB12製剤で、末梢神経の代謝促進作用があります。脳の機能を向上させるビタミンB1、疲労回復に有効なビタミンB2も耳鳴り治療に用いるビタミン製剤です。

 

 

筋弛緩剤

首や肩周辺の筋肉の凝りや過度の緊張が耳鳴りを招くことがあります。筋弛緩剤は、血流を増進して筋肉の緊張をほぐし、耳なりを緩和します。塩酸エペリゾン、塩酸チザニジンが主に使われ、どちらも筋肉の緊張を緩めて神経を鎮静させます。

 

 

抗てんかん薬

耳鳴りを引き起こす脳、特に聴覚をつかさどる部分の興奮を鎮めるために抗てんかん剤を投与する場合があります。カルバマゼピン、アレビアチンの投与が多く、クロナゼパムを使うこともあります。副作用や再発の問題から、投与には注意と経過観察が欠かせません。

 

 

抗うつ剤

ストレスから自律神経失調症になり、さらに耳鳴りを生じるケースがあります。そのようなストレス性の耳鳴り治療には、抗うつ剤を用います。脳内の神経伝達物質をコントロールして精神安定を図る薬が投与されるでしょう。ドーパミンの働きを抑えるドグマチール、セロトニンやノルアドレナリンの分泌量を増やして不安を和らげるトリプタノールルボックスが主な抗うつ剤です。

 

 

薬物治療には副作用や飲み合わせの問題もあります。服薬は医師の指示に従ってください。

 

(Photo by://www.ashinari.com/2009/07/23-025180.php)

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-07-29掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

耳鳴りに関する記事

耳鳴りに良い食べ物で耳鳴り予防をしよう!黒い食べ物がイイ!?黒豆、黒ゴマ…

耳鳴りの予防法のひとつが、耳鳴りによい食べ物を摂取することです。人間の体は食べ...

発作的な耳鳴り、めまい メニエール病の症状、突発性難聴との違い

     耳鳴がどのような疾患から来ているのかを判断するのに大切なことは、耳鳴...


耳鳴りとは? 難聴との関係 ~伝音難聴と感音難聴

        耳鳴とは「自分の体の外部に音源がないのに、耳の中や頭の中には音...

耳鳴りの原因となるコワい脳の病気! 耳鳴りの原因に命に係わるような病気が潜んでいることも…!?

  一般的に耳鳴りというとそこまで心配するほどのことはないと思われがちです。 ...

カラダノートひろば

耳鳴りの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る