カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. >
  4. 耳鳴り >
  5. 耳鳴りの度合いや症状を調べる!耳鳴り治療に必要な検査について

気になる病気・症状

耳鳴りの度合いや症状を調べる!耳鳴り治療に必要な検査について

 

耳鳴り治療には、詳しい検査で耳鳴りの原因を調べることが重要です。耳鳴り治療に先立ち、どんな検査を行うかまとめました。

 

 

問診

耳鳴りの具体的な症状(耳鳴りが始まった時期、耳鳴りがひどいのはどんな時か、音の大きさと種類、頻度など)を中心に、問診を行います。病気が原因の耳鳴りもあるため、難聴や頭痛、肩こり、顔面麻痺、顔面けいれんといった付随する症状の有無、既往症なども訊ねられます。

 

 

耳鼻科検査

主に聴力の検査を行い、耳鳴りの度合いや症状を調べます。

 

◆純音聴力検査

聴き取れる音の周波数を調べます。低音から高音まで、どのくらいの範囲が聞こえているのかが分かります。純音聴力検査で異常がない耳鳴りを「無難聴性耳鳴り」と呼び、耳鳴り全体の2割の人が該当するといわれます。

 

◆ピッチマッチテスト

耳鳴りは自分にしか聞こえていないものが大部分です。そのため、耳鳴りを客観的に評価するためにピッチマッチテストを行います。ピッチマッチテストには2種類あり、11段階の周波数のうち、耳鳴りがどの周波数に近いかを調べるのが「固定周波数ピッチマッチ検査」です。周波数を変化させながら、自分の耳鳴りと同じに聞こえる周波数を探るのが、「連続周波数ピッチマッチ検査」もあります。

 

◆ラウドネスバランス検査

音量を変化させる機械を使い、耳鳴りがどの程度の大きさで聞こえているかを調べます。耳鳴りの度合いが分かる検査で、ピッチマッチテストとともに実施すると「どんな高さの音が、どの程度の大きさで聞こえる耳鳴りか」を客観的に評価できます。

 

◆マスキング検査

「どんな音を鳴らせば耳鳴りが聞こえなくなるか」を調べる検査で、遮蔽検査とも呼ばれます。耳鳴りがする側の耳からさまざまな音を聴き、耳鳴りを感じなくなる音を調べます。

 

 

このほかにも頭部レントゲンやMRI、ABRなどで頭部や聴神経に腫瘍などの異常がないかを検査します。

 

(Photo by://www.ashinari.com/2011/11/22-353529.php)

著者: honpoさん

本記事は、2016-08-03掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

耳鳴りに関する記事

代謝改善剤やビタミン剤、筋弛緩剤など…耳鳴りの薬物治療の種類と効果とは

  耳鳴り治療では、原因に応じた薬物を投与するのが一般的です。薬物治療に用いら...

フットケアのついでに押せる!耳鳴りの2つのツボ "きょう陰"と"太谿(たいけい)"

  女性の場合は、美脚という言葉もあることから普段から足のケアをしている方も多...


耳鳴りの薬物療法 耳鳴り治療の薬に含まれる成分はどんなもの?

  耳鳴りの治療法は心理療法から耳に対する直接的な治療、腫瘍がある場合は腫瘍を...

ストレスからの耳鳴りを改善するには?運動で耳鳴り予防をする方法!

  耳鳴りの予防法には食べ物による予防、サプリメントによる予防、ツボマッサージ...

カラダノートひろば

耳鳴りの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る