カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. >
  4. 耳鳴り >
  5. 原因不明、慢性的な耳鳴り…耳鳴り治療で処方される主な漢方薬とは?

気になる病気・症状

原因不明、慢性的な耳鳴り…耳鳴り治療で処方される主な漢方薬とは?

 

原因不明、慢性的な耳鳴りの治療では、漢方薬が有効な場合があります。耳鳴りの治療で処方されることが多い漢方薬を挙げます。

 

 

八味地黄丸(はちみじおうがん)

水分代謝機能が衰え、体力が低下している時に用いる漢方薬です。高齢者、虚弱体質の人に処方されることが多いでしょう。「水分が体内に滞ると耳鳴りを引き起こす」と漢方では考えます。

副作用としては、食欲不振や胃のムカつき、下痢など消化器症状があります。動機やのぼせ、発疹、かゆみが生じるかもしれません。

 

 

牛車腎気丸(ごしゃじんきがん)

漢方で「生命エネルギーをためる場所」という意味がある、腎のはたらきが弱くなって生じる耳鳴りに使います。冷え症、頻尿やむくみを改善し、水分の循環を良くします。体力があり、のぼせ気味の人には向きません。

ごくまれに間質性肺炎や肝機能障害の副作用が起こります。呼吸困難や咳、倦怠感、発疹、吐き気、茶褐色の尿などがみられる場合は、医師に相談してください。

 

 

苓桂朮甘湯(りょうけいじゅつかんとう)

めまいや立ちくらみをともなう耳鳴り治療で処方されることが多い漢方薬です。メニエール病治療でも使います。動悸や息切れ、頭痛、高血圧などの症状があり、精神的に不安定な人に有効でしょう。甘草という成分が含まれていて、飲み合わせなどによる多量摂取には要注意です。高血圧、むくみ、手足のしびれや痛みといった症状が出る「偽アルドステロン症」の危険があります。

 

 

五苓散(ごれいさん)

利尿作用が強い漢方薬で、体内の水分過多による耳鳴り治療に使います。下痢気味で足がむくむ、尿量が少ない人に効果的です。ごくまれに食欲不振や軽い吐き気の副作用が起こります。

 

 

耳鳴りやほかの持病の治療で服用している薬があれば、漢方薬を処方される前に医師や薬剤師と相談してください。

 

(Photo by://www.ashinari.com/2012/09/28-370792.php)

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-08-03掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

耳鳴りに関する記事

発作的な耳鳴り、めまい メニエール病の症状、突発性難聴との違い

     耳鳴がどのような疾患から来ているのかを判断するのに大切なことは、耳鳴...

ストレスから来る耳鳴りで眠れない時に試したい マスキング療法を知っていますか?

耳鳴りでは眠れなくなることもあります。ピーまたはザーといったような音が気になっ...


慢性中耳炎や内耳炎、鼓膜炎など…耳鳴りが起こる耳の病気あれこれ!

  耳鳴りの原因でまず疑われるのが、耳の疾患です。耳の疾患のうち、耳鳴りを引き...

ストレスが原因で耳鳴りが起こる?!自律神経失調症の症状と治療法

 耳鳴りの中には、病気が原因ではなくストレスによるものが多くあります。ストレス...

カラダノートひろば

耳鳴りの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る