カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. >
  4. 耳鳴り >
  5. 慢性中耳炎や内耳炎、鼓膜炎など…耳鳴りが起こる耳の病気あれこれ!

気になる病気・症状

慢性中耳炎や内耳炎、鼓膜炎など…耳鳴りが起こる耳の病気あれこれ!

 

耳鳴りの原因でまず疑われるのが、耳の疾患です。耳の疾患のうち、耳鳴りを引き起こすものを挙げます。

 

慢性中耳炎

中耳の部分に炎症がみられる中耳炎には、原因や症状によって急性中耳炎、滲出性中耳炎、真珠腫性中耳炎などがあります。これらの中耳炎の症状が続くと慢性中耳炎になり、内耳障害によって耳鳴りがします。

 

内耳炎

中耳炎の炎症が悪化し、内耳にまでいたるのが内耳炎です。中耳炎から内耳炎を起こすケースが大部分ですが、髄膜炎の炎症が内耳に及ぶ可能性もあります。回転性のめまいや吐き気とともに耳鳴りが生じ、内耳の機能障害が残るかもしれません。

 

耳性帯状疱疹(ラムゼイ・ハント症候群)

水疱瘡のウイルスが原因で起こる帯状疱疹のうち、水泡が耳介や外耳道にできるものを耳性帯状疱疹と呼びます。耳性帯状疱疹では顔面神経麻痺や内耳神経症状が起こり、難聴、めまい、耳鳴りが多くみられます。耳の違和感、痛み、水疱などの症状が特徴的です。

 

耳硬化症

遺伝的な要因で起こる難聴の一種です。内耳に振動を伝えるためのアブミ骨の動きに障害が起こり、音の伝達ができなくなります。年代は30~40歳、女性の発症が多く、妊娠を機に症状が悪化するケースもあります。低音が聞き取りにくくなるのが初期症状で、耳鳴りも起こります。手術によって回復が見込める難聴なので、耳鳴りなどの症状から早期発見をすることが大切です。

 

鼓膜炎

外字途中時の境にある鼓膜が炎症を起こす疾患です。インフルエンザなどウイルス感染が原因の水疱性鼓膜炎、細菌感染が一因の肉芽種性鼓膜炎があり、どちらの場合も耳鳴りが起こる可能性があります。20~40代の女性に好発し、耳鳴りがある場合は難聴にいたる恐れがあるので、要注意です。

 

 

耳の疾患には耳鳴りの症状をともなうものが多く、耳鳴りを手掛かりに早期発見・治療が可能です。

 

(Photo by://www.ashinari.com/2009/05/10-019672.php)

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-07-28掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

耳鳴りに関する記事

耳鳴りの薬物療法 耳鳴り治療の薬に含まれる成分はどんなもの?

  耳鳴りの治療法は心理療法から耳に対する直接的な治療、腫瘍がある場合は腫瘍を...

治療で手術が適用される耳鳴りとは 中耳炎や聴神経腫瘍など一部の他覚的耳鳴は手術が検討されることも

  耳鳴りは大きく分けると自覚的耳鳴りと他覚的耳鳴りの2種類があります。 自...


ライブで起きる耳鳴りの予防法 耳栓をつけるのが良い!?でもそれでライブが楽しめるの?

  ライブに行くと一時的に耳鳴りがするという方は多いです。これは騒音環境にいた...

肝の機能を整たり水分代謝を正常にする?漢方による耳鳴り治療の考え方

  耳鳴りの薬物治療では、漢方薬が処方されることもあります。漢方では東洋医...

カラダノートひろば

耳鳴りの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る